EAの丹沢山行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年10月15日 魚止橋〜早戸川〜原小屋沢〜原小屋平〜姫次〜榛ノ木丸(コラボ)

<<   作成日時 : 2016/10/15 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像M−Kさんのコラボ募集再開に即、参加しますの返事。行先は原小屋沢。自分は6年ぶりの原小屋沢で超ご無沙汰。イガイガさんも参加され3人コラボで行くことになりました。

画像
写真@
久々の魚止橋からの出発。

画像
写真A
土台が腐ってしまった造林小屋はまだ立ってはいるが傾きは少し増してきているように感じる。

画像
写真B
最初の渡渉箇所だが、対岸の重なっていた岩が無くなっていて様子はずいぶんと変わってしまっている。

画像
写真C
雷滝到着。観賞タイム。

画像
写真D
カサギ沢出合に到着。ここまで来るのもそれなりにハードなのです。

画像
写真D-1
出会いの滝(カサギ沢)の左からの本流(原小屋沢)に進んで行く。

画像
写真E
すぐにバケモノ滝。滝の落ち口の上に架かっている倒木は今も健在。この滝はもっと薄暗い時に来た方が雰囲気が出る。

画像
写真E-1
左から高巻いて沢に戻る。

画像
写真F
まだまだ先は長い。

画像
写真G
ここは右から残置のロープ(電源コード)につかまって越えて行く。

画像
写真H
この滝は越えるのは容易ではない。

画像
写真H-1
右から巻いて超えて行く。

画像
写真I
小滝はスルスルっと。

画像
写真J
ミニガータゴヤ滝だ。

画像
写真J-1
ステップが豊富なので濡れながらも容易に登って越えて行く。

画像
写真K
この滝は登れないので右から巻いて越えて行く。

画像
写真L
そしてガータゴヤ滝。左から流入しているのはポッチ沢(アッチ沢ではありませんでした)。

画像
写真L-1
右から巻く。

画像
写真L-2
落ち口からの景色を堪能。昔、滝右岸の一枚岩に登山道があり、鎖がジグザグに付けられていたが、今でも一部が残っているはず、という話題の会話をした。

画像
写真M
ここは鎖がまだ健在。

画像
写真M-1
う〜ん、登る姿が様になっているなあ。

画像
写真N
まだ小滝が出て来る。

画像
写真O
流れが穏やかになって来た。

画像
写真P
水の無い又兵エ沢のF1見物。

画像
写真Q
原小屋沢はいよいよ春の小川状態に。

画像
写真R
ここは右ではなく未踏の左へ。

画像
写真S
またガラッと雰囲気が変わって行く先の傾斜はほとんど無い。

画像
写真㉑
とてもなだらか。

画像
写真㉒
そしてついに登山道になだらかに合流するのです。

画像
写真㉓
原小屋平。昔ここには原小屋山荘があった。奥野幸道著「丹沢今昔」には昭和39年に撮影された雪の中の原小屋山荘の白黒写真が載っている。とてもメルヘンチックだ。

画像
写真㉔
姫次到着。

画像
写真㉔-1
ちょうど雲に穴が開き富士山の頭がこんにちは。

画像
写真㉔-2
さあ、魚止橋目指して戻るぞ。

画像
写真㉕
尾根をまっすぐ進むかと思ったら、北側の隣の尾根に乗り変えるんだって。なのでいったん沢(カサギ沢)に降りる。

画像
写真㉕-1
そして隣の尾根に登り返す。

画像
写真㉖
大したことなく尾根に乗る。

画像
写真㉗
榛ノ木丸手前の崩壊地の痩せ尾根からの景色。左に見える山は黍殻山だ。

画像
写真㉘
榛ノ木丸の私設標識。

画像
写真㉙
尾根の先端まで降りてきました。下降はRFが結構難しい。

画像
写真㉚
水の無い沢を渡り林道のヘアピンカーブに這い上がる。

画像
写真㉛
魚止橋に無事に帰着。とても楽しいコラボでした。

久々の魚止橋、久々の原小屋沢、久々の一日中快晴、そして久々のこのメンバー、とても楽しい一日となりました。M−Kさん、イガイガさんに感謝なのです。またやりましょうね。


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
EAさん、原小屋沢お疲れ様です。(うらやまし〜)

原小屋平の写真ノスタルジー! 前から行きたい沢なのでそのうち!
utayan
2016/10/16 22:43
EAさん
ジジの引率、まことにありがとう
ございました。
久しぶりの原小屋沢‥。
EAさんとのコラボ痕跡があちこちに。
うれしかったです。
M-K
2016/10/16 23:57
utayanさん
久しぶりに行ったので新鮮な気持ちで歩けました。
原小屋平に行くとあの原小屋山荘のすばらしい写真が思い浮かびます。
utayanさんもあの界隈にぜひ行ってみてください。
EA
2016/10/17 08:56
M−Kさん
たまの見回りは必要ですね。
早戸川も原小屋沢も随分と沢の印象が変わっていたところがありましたね。
ミニガータゴヤの滝も何か手前から見えづらいなあ、と思いましたが、沢の中に崩れて来たであろう岩が見通しを邪魔していたのはM−KさんのHPの記事を見るまで気が付きませんでした。
コラボ痕跡も思い出されとても楽しい山行でした。
今回も素晴らしい企画をありがとうございました。
EA
2016/10/17 09:18
EAさんお疲れさまでした。
アッチ沢?う〜ん玄倉でしか聞いたことないなぁ…
と思ってましたが、そうそうポッチ沢でしたね。
帰ったら思いだしました
イガイガ
2016/10/17 16:34
イガイガさん
いい加減な記憶でした。
もしコッチ沢なんてあったらどっちがどっちかわからなくなってしまいますね。
山や沢の名称は難しいですね。
またよろしくお願いします。
EA
2016/10/17 18:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016年10月15日 魚止橋〜早戸川〜原小屋沢〜原小屋平〜姫次〜榛ノ木丸(コラボ) EAの丹沢山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる