EAの丹沢山行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年11月3日  ニカニカ集会@女郎小屋ノ頭

<<   作成日時 : 2016/11/03 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像待ちに待ったニカニカ集会開催されることになった。会場は西丹沢秘境の女郎小屋ノ頭。行き方帰り方は各自自由。とてもゆる〜いのがニカニカの特徴だ。

画像拡大ルート図

画像
写真@
玄倉を出発。この時点で9名。祭日だが仕事の車が結構入って行く。

画像
写真A
以前はここまで車で入れた。

画像
写真B
女郎小屋沢出合に降りるとすでに先行4名が対岸に到着していた。

画像
写真C
総勢13名で女郎小屋沢へ入って行く。

画像
写真D
ここで径路を追っていく右組と沢に沿って行く左組の二手に分かれる。自分は左組。

画像
写真E
沢沿いの径路に乗って堰堤を二つ越え沢に降りる。沢は狭まり小滝帯となる。

画像
写真F
右の小滝は右俣の石小屋沢。右へ進む。

画像
写真F-1
すでに沢モード。このまま石小屋沢を行きましょうとなる。

画像
写真G
沢が左に向きを変えるところでF1。左の岩に登られた形跡があるが無理をせず左の尾根で高巻く。

画像
写真H
F2も一緒に巻き沢に戻ると次の滝。

画像
写真H-1
これは登れる。

画像
写真I
2段の滝。1段目は登れる。自分は左から。

画像
写真I-1
2段目は登れず、巻きチームに「助けてくださ〜い」とお助けを乞う。実はこの2段目が登れないことはイガイガさんの事前探索で分かっていたのです。

画像
写真J
二俣。

画像
写真K
ここまで来たので右俣に入り樅の木の鞍部へ詰め上げましょうとなる。やったね!

画像
写真L
ほぼまっすぐに進んで行く。

画像
写真M
樅の木の鞍部が見えて来た。

画像
写真N
すべる〜、ずり落ちるよ〜、と楽しみながら鞍部へ詰め上げる。

画像
写真O
この尾根は緩い勾配で感じもなかなか良いのです。今のところですが...

画像
写真P
良い感じの尾根もいつかは終わりが来る。そして毎度の急登をこなし本尾根に乗る。ここで先ほど分かれた右組が前に見えたので待ってもらって合流。そしてしばしの休憩。

画像
写真Q
女郎小屋ノ頭に到着し会場設営完了。さあ、これからニカニカ歓談が始まります。

画像
写真Q-1(花立小僧さん撮影)
時間はあっという間に過ぎていつもの集合写真。前列左から花立小僧さん、ardbegさん、M−Kさん、MASAHIKOさん、nenetaさん、ゼフィルスさん、shiroさん、後列左から私EA、はっぴーさん、イガイガさん、AYさん、レガーさん、そして初参加のutayanさんの総勢13名ニカニカ勇士です。

画像
写真R
まずは皆さん同じ方向に降りて行く。

画像
写真S
女郎小屋乗越を通過。ここを上がったところで7名は欅平を目指して尾根を下降して行った。

画像
写真㉑
大タル丸到着。

画像
写真㉒
さあ、いよいよ大タギリへ下降して行くぞ。

画像
写真㉓
大タギリの鞍部は定員3名ぐらいかな。

画像
写真㉓-1
ここで二手に分かれる。AYさん、shiroさん、M−Kさんの3名は大タギリを上がり尾根コースで立間大橋へ。

画像
写真㉓-2
ardbegさん、nenetaさん、そして私EAの3名はここから小川谷へと下って行く。やっと夢がかなった。

画像
写真㉔
そう、ここの様子を知りたかったのです。

画像
写真㉔-1
なるほど、こうなっていたのね。

画像
写真㉕
どんどんと小川谷へ下って行く。

画像
写真㉖
出合の少し上まで降りてきました。この沢の出合は小川谷からだとわかりづらいな。

画像
写真㉗
そして小川谷。

画像
写真㉘
一応小滝も楽しめる。

画像
写真㉙
仲ノ沢径路へはここを上がるとの事。

画像
写真㉙-1
なるほどこういうルートがあるんだなあ。

画像
写真㉙-2
お助け紐を待つ。

画像
写真㉙-3
ザレの斜面を上がって行く。

画像
写真㉚
あとは径路に乗って行くだけ。

画像
写真㉛
二人は早い。こっちは走ってついて行く。

画像
写真㉜
おかげさまで林道へ上がると欅平経由チームに追いつく。

画像
写真㉝
振り返ると、すごい、山が輝いている、とても綺麗、石棚山かな、高いな。

画像
写真㉞
立間大橋では大タギリからの尾根チームも少し遅れて合流し、これで13名全員が再集結。すばらしいぞ、ニカニカチーム。

画像
写真㉟
皆さん、お疲れ様でした。それぞれ気をつけて帰りましょう。

いつもは各小隊や単独に分かれての行動だが、集まった時の結束力も大したものだ。話も面白い。これからもずっとこのすばらしい関係が続いて行ってほしいものだ。そのためにもM−Kさんには勇気と元気を奮い起こし更なる奮闘をお願いしたいのです。なにせM−Kさんあってのニカニカチームなのですから。


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
EAさん
テレビアニメでヤッターマンというのが
ありましてね、それにブーちゃんが
おりまして、おだてると木に登っちゃう
んです!「豚もおだてりゃ木にのぼる!」
が有名な言葉なんです。
昔から私はせっせと木に登っているんですよ。
私は承知していながらでも、おバカをやり
木に登って自分も楽しいんです。
お言葉をいただき、まだまだ張り切って
木に登りますよ〜!
M-K
2016/11/05 02:41
M−Kさん
ヤッターマンですか、懐かしいですね。
ヤッターマンもいろいろな仲間がいるので面白いストーリーが展開できるのでしょうね。
今回、バラバラな行動のようでも要所要所では一つにまとまる、ニカニカ、素晴らしいですね。
お互いまだまだ張り切って木に登りましょう。
これからもよろしくお願いします。
EA
2016/11/05 09:45
何回ぶりでしょうか(^_^;)
久々の集会参加が出来ました♪
ご一緒させていただき、ありがとうございました。

皆様と歩いていると、なかなかシビレる所も何とかなってしまうのが困ったもんです(^^)♪

また宜しくお願い致します。
レガー
2016/11/06 07:42
レガーさん
はい、久しぶりのコラボでしたね。
随分と前になりますが、レガーさんの先頭で荒れた廃道や厳しい界尾根を突破したことが思い出されます。
また、レガー機関車の出動を楽しみに待っています。
これからもよろしくお願いします。
EA
2016/11/06 17:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016年11月3日  ニカニカ集会@女郎小屋ノ頭 EAの丹沢山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる