EAの丹沢山行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年12月18日 【寄沢〜雨山〜玄倉林道】尾根周回(単独)

<<   作成日時 : 2016/12/18 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 8

画像雨山南東側の雨山〜寄沢間と、雨山北西側の雨山〜玄倉林道間にはまだ未踏の尾根がある。今回はそれらの尾根を踏破しようという計画。特に雨山から玄倉林道方向への下降については冒険要素が有り、うまく行くかどうかは行ってみないと分からないのです。寄大橋の駐車スペースに車を止めてスタート。

画像
写真@
ここは寄沢に左岸から流れ込む清兵衛ノ沢の対岸。今回、最初に登る予定の尾根のすぐ手前。

画像
写真@-1
この小さな沢を渡る。

画像
写真A
まずは今の小さな沢の左岸尾根を登って雨山近くの稜線登山道まで上がって行く。

画像
写真B
危険と言うほどではないがかなりの急登だ。休み休み登って行く。

画像
写真C
傾斜は少し緩むが急登はまだ続く。

画像
写真D
ようやく傾斜が緩む。

画像
写真E
これは防火帯かな。

画像
写真F
右側に見える切れ込みは雨山峠だ。

画像
写真G
後ろには鍋割山が見える。白矢印は先日M君と登った尾根だ。あの急傾斜、良く登ったよなあ。

画像
写真H
ようやく稜線登山道だ。

画像
写真I
雨山のピークまでは行かずにすぐにこの尾根の下降に入って行く。この尾根をほとんど直線的に下降して雨山沢の登山道に降り着きたいのだ。地形図を見るとこの尾根は雨山沢付近でとがっている。どうなっているのか様子も見たいのだ。下りられるかどうかは行ってみないと分からない。

画像
写真J
富士山が綺麗だ。まだ景色を楽しむ余裕がある。

画像
写真K
ルートを間違えたので尾根を乗り換える。この辺、地形は複雑だ。

画像
写真L
傾斜が大きく緩む手前まで来た。

画像
写真M
ここはピークになっている。さあ、いよいよ核心部へと降りて行く。

画像
写真N
このくらいは想定内。

画像
写真O
まだ下に行けるぞ。

画像
写真P
先端まで降りて来た。雨山沢と登山道が下に見える。

画像
写真P-1
怖いのでロープで降りる。

画像
写真P-2
少し離れて今下りて来た尾根の先端部を見る。下降大成功だ。下りられる範囲で良かったなあ。

画像
写真P-3
堰堤の右わきから登山道に乗る。

画像
写真Q
登山道は快適だ。

画像
写真R
まもなく雨山沢の右岸尾根から玄倉林道へ降り立つ。

画像
写真S
そして今度は前方の雨山沢左岸尾根を登り返していく。一番手前の尾根先端部は立った岩壁になっていて登れないので少し先の方を見てみよう。

画像
写真㉑
登るルートを観察し、エネルギー補給のためおにぎりを食べる。

画像
写真㉑-1
おにぎりを食べていると、林道を3人組が上がってくる。あれ、1人が手を振っているぞ。何と、ardbegさんだ。今日はさくら登山部の活動だそうだ。お互いの山行計画を話して分かれる。「飲み過ぎないようにね」。それにしてもサプライズ遭遇だったなあ。

画像
写真㉒
それでは行きましょうか。再び急登が始まる。

画像
写真㉓
写真中央少し左は蛭ヶ岳だ。くっきりと見える。小尾根が横から合わさってくるが、ケモノ道が正しいルートを教えてくれる。

画像
写真㉔
急登はここまで。

画像
写真㉕
ピークには鹿柵が付けられている。実はここから先の尾根は以前に歩いたことがあるのです。

画像
写真㉖
次のピークも鹿柵。

画像
写真㉗
再び稜線まで上がって来ました。

画像
写真㉘
この稜線も随分とすっきりしてしまったなあ。

画像
写真㉙
雨山の山頂標識を通過。

画像
写真㉚
下降はこのなだらかな尾根で。

画像
写真㉛
ここも防火帯なのかな。

画像
写真㉜
ナイスな眺めだがここから傾斜が増してくる。

画像
写真㉝
地形がわかりづらいが、結局この鹿柵脇を下降して行く。

画像
写真㉞
分かりやすい尾根の形になって来た。

画像
写真㉟
前方は寄だ。ここからつづら折りに切られた径路(仕事道)が出て来る。ただしあまり使われてはいないようだ。

画像
写真㊱
径路は鹿柵をくぐって行く。

画像
写真㊲
傾斜はきついが径路で助かる。

画像
写真㊳
降りてきました。急傾斜は終わり。

画像
写真㊴
みんなの森のような場所だが最近はあまりここに来ていないようだな。

画像
写真㊵
寄沢まで降りてきました。車まではあと少しだ。

本日の目標すべて達成。特に、あのとんがった尾根の先端から雨山沢に無事に降りられてよかった。もし降りられなかったら登り返して別のところから下降しようと考えていたからね。さあ、次はどこに行こうかな...


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ニアミスでしたね!
雨山通過11:37でした。
鍋割山からの下降時にレガーさんとバッタリ、EAさんの車が止まってましたよと教えて頂き、もしかしてと思ってましたが残念。
AY
2016/12/19 20:46
AYさん
う〜ん残念、雨山通過9:12と12:43、ニアミスでした。
あの日あの界隈で、自分はardbegさんと、レガーさんはEA号と、AYさんはレガーさんとのサプライズ遭遇、偶然とはいえ見事なニカニカプレイでしたね。同志がいるのは心の支えです。これからもよろしくお願いします。
EA
2016/12/19 21:50
EAさんとバッタリ遭遇の後、鍋割山でレガーさんとバッタリ。さくら登山部のメンバーも「知り合いが多いのね」と感心していました(笑)
ardbeg
2016/12/19 22:56
山の神土沢、左岸の登り。
雨山沢右岸下降と左岸の登り‥。
お見事でございます!
お先にやられてしまいました。(涙)
皆さんとのサプライズ遭遇やら、
ニアミスやら誠に楽しい事ですね。
M-K
2016/12/20 01:59
先日は楽しいひと時が連続しました♪
朝一番でEAさん号発見!(7:30頃)
M君とどこを歩かれているのかな?
どこかでバッタリもとの期待をしていましたよ。

鍋割峠でAYさん、土平から真北尾根を上がった鍋割でardbegさん(^^)
あの広い丹沢の、ホンの一角で会える嬉しさは何とも言えませんね。
お会いしたかったのですが、「車を発見」だけでも気持ちの充実があります。

表丹沢・檜岳山稜はごく近いので、召集命令がかかりましたら、ぬっ飛んで駆けつけますよ♪
レガー
2016/12/20 09:14
ardbegさん
レガーさんともバッタリだったのですね。
さくら登山部メンバーも感心したのでしょうが、我々ももっとびっくりですよね。
素晴らしい日でした。ではまた...
EA
2016/12/20 11:11
M−Kさん
山の神土沢というのですね、あの小さな沢。
あの辺を通る時、いつもM−Kさんがあの右岸尾根と左岸尾根のことを気にされていましたね。勝手に行ってしまい済みませんでした。
おかげさまで今回のルート、とても良かったです。
それにしてもardbegさん、AYさん、レガーさん、そしてEAがそれぞれサプライズ遭遇・バッタリ遭遇、ほんとあの日は奇跡の日でした。これもニカニカのパワーだと思います。
また、楽しい山行企画をお願いします。
EA
2016/12/20 11:25
レガーさん
AYさんとardbegさんにバッタリだったのですね。それにEA号とも。
ほんと奇跡の日ですよね。
自分もレガーさんとバッタリお会いしたかったです。
山中でのバッタリはビックリ嬉しですからね。
レガーさんとは最近なかなかご一緒出来ないのでいつか機会を作って行きたいですね。またよろしくお願いします。
EA
2016/12/20 11:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016年12月18日 【寄沢〜雨山〜玄倉林道】尾根周回(単独) EAの丹沢山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる