EAの丹沢山行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年12月29日 大山沢界尾根〜大山〜大山北尾根〜ネクタイ尾根〜鍵掛尾根(コラボ)

<<   作成日時 : 2016/12/29 22:21   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像一昨日の雨が丹沢では雪だった。家から見ると蛭ヶ岳、丹沢山、塔ノ岳はかなり白いが大山はちょっと白っぽいだけだ。塔ノ岳にしようか大山にしようか悩んだが、大山北尾根だったら少しは積もっているだろうと思いM君と大山へ行くことにした。

画像
写真@
日向ふれあいの森Pに車を止めてスタート。

画像
写真A
キャンプ場は早くも賀正の張り紙。

画像
写真B
今日は山仕事や猟の車がいっぱい入っている。

画像
写真C
やばい、大山沢の右岸側で猟が行われている。堰堤の上に鉄砲を持った猟師がいる。

画像
写真D
しょうがないので左岸から堰堤を巻くことにした。

画像
写真E
沢に戻ると、右岸の斜面の少し上にもオレンジ色のチョッキを着た猟師がいる。しばらくじっと待っていると、何と我々の上の方をメスジカが上に向かって上がって行くではないか。まもなく、バーン。そしてもう一発バーン。こんな近く見えるところで鉄砲の音を聞いたのは初めてだ。しばらくすると上にいる猟師が通っても良いよ、と手で合図。すみませ〜ん、と言ってから斜面を上がり堰堤を越えて行く。

画像
写真F
堰堤の上からこれから取り付く大山沢界尾根を観察。この界尾根、だいぶ前にYAMさんと下ってきたことがある。かなり久しぶりだ。

画像
写真G
さあ、行くぞ。

画像
写真H
だいぶ上がって来た。わずかに白くなっている。

画像
写真I
ふう、ようやく登山道だ。

画像
写真I-1
雷ノ峰尾根登山道に乗った。でも登山道の方がきついなあ。

画像
写真J
我慢の登りでようやく不動尻分岐。

画像
写真K
大山の肩。雪の木道を行く。

画像
写真L
あそこを上がれば山頂だぞ。

画像
写真M
着いたぞ。でもやはり雪はほとんど無し。もちろんベンチで休憩。

画像
写真N
そして大山北尾根に入って行く。雪は少ないが予想通り一応積もっている。風強くすごく寒い。

画像
写真O
M君、雪の山歩きは初めて。雪山だ雪山だと興奮している。ほれ見てごらんと塔ノ岳、丹沢山方面の眺めを楽しむ。

画像
写真P
さあ、ここから右の尾根(ネクタイ尾根)を下降しますよ。

画像
写真Q
歩くたびに雪泥ダンゴが張り付く。木があるところで雪泥ダンゴを蹴り落としながら慎重に下降して行く。

画像
写真R
降りて来ました。雪はすでに無い。

画像
写真S
鹿柵の外側を下って行く。

画像
写真㉑
河原まで降りて来ました。今度は径路で唐沢峠まで上がって行く。

画像
写真㉒
唐沢峠の東屋で休憩。

画像
写真㉓
お〜い、そこで止まってろよ。

画像
写真㉔
P778m。おや、森林整備の看板が立っているぞ。

画像
写真㉕
鍵掛尾根に入るとモノレールが設置されていた。

画像
写真㉖
ここまでは尾根も広く傾斜もゆるいので快適だった。が、この先、傾斜はかなり急で、尾根も狭い。レールが邪魔して歩きづらい。

画像
写真㉗
やっと降りて来ました。やったね。

M君は初めての雪山。もう少し積もっていたらなあと思ったが、本人は楽しんでいたようで良かった。本格的な冬はまだこれから。丹沢での適度な積雪を期待しよう。


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
またもやニアミスでした。
元旦塔ノ岳一番乗り、今年も挑戦ですかな。
AY
2016/12/31 21:39
惜しい、もうちょっとでしたね。
2017年塔ノ岳登頂一番乗り&初日の出、うまく行きましたよ。
プログ、見てくださいね。
EA
2017/01/01 16:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016年12月29日 大山沢界尾根〜大山〜大山北尾根〜ネクタイ尾根〜鍵掛尾根(コラボ) EAの丹沢山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる