EAの丹沢山行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年1月25日  広沢寺P〜大河原沢〜見晴広場B〜中弁天〜梅ノ木尾根南面(単独)

<<   作成日時 : 2017/01/25 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像またまた広沢寺Pを基点とした周辺の山歩きを行うことにした。今回は二ノ足林道を進みゲートのところから山ノ神沢上流(左俣)の大河原沢に入り見晴広場Bへの詰め上げを狙うのと、梅ノ木尾根の南面もいくつかのルートを歩いてみることにする。

画像
写真@
ゲートを通り右への林道へは行かずに直進。鹿柵をくぐると沢沿いに径路が続くようだがここは沢の中を進む。

画像
写真A
水は流れているが特に歩きづらいということはない。しかしこの先堰堤がいくつも続く。5〜6基かそれ以上だったか。最初の堰堤を除き、どれも堰堤の右や左の端から簡単に越えられる。

画像
写真B
最後の堰堤を越え、すでに水は無い。上空は開けており暗さはない。

画像
写真C
源頭部に入った。沢に沿って左側を上がって行く。

画像
写真D
おっ、ルンゼになっているぞ。この中を行ってみることにする。

画像
写真E
上がって来ました。かなり急。

画像
写真E-1
最後は岩壁。どうするか。

画像
写真E-2
ここ、もしかして行かれるかもしれないということでチャレンジするも、上の方ではつかまるものはこの倒木の幹しかなく体を持ちあげることが出来ず、さらに半枯れ状態の木も信用できずにやむなく降りる。下りるのも怖い。そして写真Eの右側のゴツゴツした岩のところに再び取り付く。

画像
写真E-3
剥がれ岩に気をつけながら何とか無事に上がることが出来ました。緊張した。

画像
写真E-4
水平移動でルンゼの延長上のところまで来てこの上にあるであろう見晴広場Bを目指す。

画像
写真F
見晴広場Bです。第一の目標達成です。やれやれ。そして次は中弁天まで行き、そこから大沢川までいったん降りて梅ノ木尾根の南面を目指す。

画像
写真G
中弁天到着。途中の上弁天を少し下ったところで日向薬師を目指すという数名のハイカーとすれ違う。大沢分岐から梅ノ木尾根に入るのかな。

画像
写真H
あれ?ここ、下弁天じゃないの???やってしまいました。ルートミスだ。大ボケをやってしまった。中弁天まで戻ることにしよう。

画像
写真I
中弁天からの下降の出だしは急傾斜でしかもわかりづらくあまり良くないが、少し下りるとまあまあの尾根になる。

画像
写真J
大沢川まで降りて来ました。

画像
写真K
すぐに梅ノ木尾根へ登り返す。

画像
写真L
梅ノ木尾根。

画像
写真M
普通の植林尾根を下降。もちろん初尾根なのです。

画像写真N
日向沢まで降りて来ました。沢の向こうは林道。

画像
写真O
林道へは上がらずに日向沢の左岸を進んで行く。出たところは林道が橋を渡り沢の左岸になったところ。

画像
写真P
尾根に取り付き梅ノ木尾根に登り返す。つづら折りの径路跡が残っている。今はどこでも歩ける。

画像
写真Q
梅ノ木尾根。

画像
写真R
ここから石雲寺に向けて下降。

画像
写真S
普通の尾根。ここにも古い径路跡がわずかに残っている。

画像
写真㉑
石雲寺のであろう墓地が見えて来た。

画像
写真㉒
初めてなので本堂を見に行くと改修中でありました。

画像
写真㉓
こんどは林道を下っていく。

画像
写真㉔
その先の沢を歩いて梅ノ木尾根に上がってみたいのです。

画像
写真㉕
入るとしっかりした径路がある。

画像
写真㉖
なんだ、登山道だったのか。でもまっすぐ沢沿いに進んで行く。

画像
写真㉗
踏み跡はまだある。

画像
写真㉘
まだしっかりしている石積堰堤。

画像
写真㉙
おっ、滝だ。

画像
写真㉙-1
左から越えて行く。

画像
写真㉚
緑のナメ小滝。倒木などでちょっと汚い。

画像
写真㉛
小滝。

画像
写真㉜
小滝。

画像
写真㉝
源頭部はなだらか。

画像
写真㉞
再び梅ノ木尾根。さあ、戻るとしよう。ルートは日向山と見城を経由。見城からは初ルートで降りる。

画像
写真㉟
見城の山頂。看板が木に掛けられている。

画像
写真㉟-1
木の茂みの中を通って下降開始。

画像
写真㊱
左奥の岩は丸っこい幕岩の上部。結構でかい。

画像
写真㊲
鹿柵の扉をくぐって木の茂みの中を下って行く。ちょっとの間だが、山歩きっぽくていいなあ。

画像
写真㊳
最後は電気柵の扉を通って道路に降りて来ました。

この山域からなかなか離れられなくなってしまった。次回はどうしましょうか、なんて考えている時も楽しいのです。


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさま〜(^^)
見晴広場Bへ詰め、ヒェーッ!ですね!!
山ノ神沢の左俣(詰めた沢)は「大河原沢」って呼んでます。山ノ神沢はトンネルの方ですね。
AY
2017/01/26 21:27
山ノ神沢は左俣に入り大河原沢と沢名を変えるのですね。ありがとうございます。
あのルンゼは上の方で少し左に曲がっているため最奥部がなかなか見えませんでした。見えた時には相当な急勾配となっており降りるのもちょっと躊躇するような感じでした。無事に抜けられて良かったです。またいろいろご教授お願いします。
EA
2017/01/26 22:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年1月25日  広沢寺P〜大河原沢〜見晴広場B〜中弁天〜梅ノ木尾根南面(単独) EAの丹沢山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる