EAの丹沢山行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年2月11日  宮ヶ瀬〜金沢林道〜六百沢ノ頭〜栂立ノ頭〜本間ノ頭〜汁垂隧道尾根(コラボ)

<<   作成日時 : 2017/02/11 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像明日、栂立尾根はいかがですか、とAYさんに連絡しOKをいただく。降雪の翌日でも有り、行けるところまでで敗退も有りという条件付きなのです。

画像
写真@
待ち合わせは宮ヶ瀬。早めに家を出て急坂のショートカット道は使わずここまで来た。積雪量は大したことはなかった。でも木々に着いた雪の花が綺麗だ。少し散歩をしてみよう。

画像
写真@-1
とても美しい世界が広がっている。

画像
写真@-2
クリスマスイルミネーションより綺麗かも。

画像
写真A
本厚木からのバスは上煤ヶ谷でのバス乗り換えが有り遅れて到着。何と、ardbegさんとnenetaさんも一緒だ。AYさんが電話して本厚木駅到着直前の二人にうまく連絡が付きこちらへ引き込んだようだ。楽しいコラボになりそうだ。まずは金沢橋に向けてスタート。

画像
写真B
汁垂橋手前。林道上の雪は少ないが周辺は真っ白。

画像
写真C
汁垂橋から見る入江の雰囲気が素晴らしい。

画像
写真C-1
橋の上には自転車で来た釣りの人がいる。汁垂隧道を通り先へ進んで行く。

画像
写真D
水面は静かで鏡状態。

画像
写真E
金沢橋手前まで来た。右へ曲がると金沢橋でまっすぐは金沢林道。金沢林道を少し入ったところで法面が崩壊しているところがあるのでそれを見に行くことも今日のミッションの一つになっている。なので崩壊場所を見た後に金沢橋まで戻るのではなく、そのまま金沢林道を進んで適当なところから栂立尾根に上がりましょうとなったのは当然のことなのです。

画像
写真E-1
金沢橋からの入江を見に行く。

画像
写真F
ここもいい感じ。

画像
写真G
金沢林道へ入って行く。

画像
写真H
あそこが崩壊場所のようだ。

画像
写真H-1
林道際は歩けるようだ。

画像
写真H-2
崩壊・崩落というよりも法面全体が林道側へずれた地すべりのようだ。早く通過しよう。それにしても修復の予算や工事は大変そうだな。

画像
写真I
宮ケ瀬鐘沢に沿った山並みの曲線が美しい。

画像
写真J
六百沢ノ頭へ上がりましょうと、尾根に取り付くため沢へと降りて行く。

画像
写真J-1
沢を渡る。

画像
写真J-2
右側の尾根でも行けるが径路の付いている正面の尾根で行きましょうと、AYさん。良く知っているね。

画像
写真K
段々と急になってくるが径路が付いているので歩きやすい。

画像
写真L
新多摩線30号の送電線鉄塔の下を通過。

画像
写真M
鉄塔から上にも径路は続いている。

画像
写真N
本尾根に乗った。

画像
写真O
もうちょっとだな。

画像
写真P
鹿柵の扉をくぐる。

画像
写真Q
六百沢ノ頭に到着。雪はさほど深くはない。まだ行けるぞ。すると先行者の踏み跡が現れる。う〜ん、残念。

画像
写真R
次の栂立ノ頭を目指して上がって行く。

画像
写真S
急登。

画像
写真㉑
急登終わり、鹿柵の穴をくぐる。

画像
写真㉑
栂立ノ頭に到着。先行者の踏み跡はさらに上に続いているし、雪は相変わらず深くない。我々も行くしかない。さあ、本間ノ頭を目指して出発だ。

画像
写真㉒
黙々と上がって行く。

画像
写真㉓
分岐通過。もう少し。

画像
写真㉔
ベンチ見えたぞー。ようやく本間ノ頭に到着だ。

画像
写真㉔-1
さすが登山道。かなりの踏み跡が付いている。ベンチで休憩。

画像
写真㉔-2
本間ノ頭到着記念として雪面への顔面スタンプをnenetaさんにお願いするとすぐ実行。さすが。さあ、あとは登山道で宮ヶ瀬に下山するだけだ。

画像
写真㉕
下ってくると雪が有ったり無かったり。

画像
写真㉖
金冷シ通過。

画像
写真㉗
旧登山道のピークのところからの景色。

画像
写真㉘
汁垂隧道のところに降りるというAYさんについて行く。

画像
写真㉙
あそこを登ったんだと確認するお二人。

画像
写真㉚
汁垂隧道の上を通過。

画像
写真㉛
尾根の先端まで降りて来て正面には虹の大橋。

画像
写真㉜
戻って来ました。日没時刻は過ぎているがまだ明るい。随分日が延びたよなあ。

AYさんの機転で4人コラボとなり楽しい一日となった。雪は予想していたほど大したことはなく本間ノ頭までの周回が何とか達成できた。おまけに朝には素晴らしい雪景色を見ることも出来た。皆さん、またよろしくお願いします。


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
EAさん、素晴らしい景色の数々、ありがとうございます。

 雪降った次の日すぐ行けるのが羨ましいです。今年もタイミング合わず・・。それでもちょっと雪踏んで紛らわしてます。まさか4人で反省会?
utayan
2017/02/13 21:11
あの日あの時あの場所にいれたのはまさに絶妙なタイミングでした。宮ヶ瀬は昔から良く通っていますが、あのような素晴らしい雪景色を見たのは初めてです。utayanさんもその内素晴らしい景色に出会いますよ。きっと。なお、自分はコラボ終了後、家で夕食でしたよ。ご安心を...
EA
2017/02/13 23:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年2月11日  宮ヶ瀬〜金沢林道〜六百沢ノ頭〜栂立ノ頭〜本間ノ頭〜汁垂隧道尾根(コラボ) EAの丹沢山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる