EAの丹沢山行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年3月19日  水の尻沢平成の森P〜八丁径路〜三峰山〜丸淵〜一ノ宮沢奥の右俣詰上(単独)

<<   作成日時 : 2017/03/19 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像今回も東丹沢。三峰山の西側の空白域と一ノ宮沢を歩いてみることにする。水の尻沢平成の森Pから径路を使って八丁径路の尾根に上がり三峰山に向かう。

画像
写真@
苔むした階段を上がって径路(仕事道)に乗る。今回は仕事道を出来るだけたどって八丁径路の尾根に乗るつもりだ。

画像
写真A
つづら折りの仕事道で快適にここまで上がって来れました。

画像
写真B
八丁径路は鹿柵に囲まれている。

画像
写真C
開放的なピーク。正面に見える稜線の登山道まで上がって行く。

画像
写真D
登山道に乗る。

画像
写真E
惣久径路への下降ポイント。

画像
写真F
ビューポイントではお約束の写真。

画像
写真G
正面の北峰まで上がって行く。

画像
写真H
左折して三峰山への稜線登山道に乗る。

画像
写真I
三峰山の手前のピーク。ここが今回の下降ポイント。ここに上がってきたことはあるが下降は初めて。

画像
写真J
出だしでルートミスしたがすぐに尾根を乗り換え大事には至らず。そんなに危険ではないが痩せ尾根が続く。

画像
写真K
ピークの手前。今回はこのピークで右へ行き初めての尾根に入って行く。

画像
写真K-1
最初の小ピーク越え。

画像
写真L
最初のピークを越えれば尾根はなだらか。しだいに尾根は広くなってくる。下に見えるはずの次のピークが意外と見えづらく方向が定まりづらい。

画像
写真M
ピークを越して小唐沢への下降に入る。尾根は分かれて行く。小さくしかも岩の尾根。尾根上は歩くのは怖い。しかも先端が心配。なので尾根の間の斜面を下って行く。

画像
写真N
もう大丈夫だ。

画像
写真O
今下りて来たところを振り返る。

画像
写真O-1
小唐沢を渡り反対側の尾根に取り付く。

画像
写真P
岩が多い。

画像
写真Q
ピークまで上がって来ました。ここは久しぶりだ。今回は南の尾根を丸淵に向けて下降して行く。もちろん初ルート。

画像
写真R
おっ、径路だ。良かった。これで安全に唐沢林道に降りられるぞ、たぶん。

画像
写真S
唐沢林道へ緩やかに降りて行く。

画像
写真㉑
埋まってしまった丸淵の上を通過して行く。
一時、復活していた丸淵は以下を参照。
その1
その2
その3


画像
写真㉒
これから入る一ノ宮沢の出合。

画像
写真㉓
径路に乗って進んで行く。

画像
写真㉔
径路は右岸へと移る。

画像
写真㉕
右俣へと入って行く。

画像
写真㉖
シルエットが堰堤型の滝。

画像
写真㉖-1
すぐに次の滝。

画像
写真㉖-2
滝の上は傾斜の緩やかなゴーロ。

画像
写真㉗
平和だな。

画像
写真㉘
この沢の石積堰堤は壊れずに良く残っているな。

画像
写真㉙
何基目だがもうわかんない。

画像
写真㉚
奥の二俣の界尾根が見えて来た。

画像
写真㉚-1
そろそろ上がっちゃおうかな。

画像
写真㉚-2
右俣の入り口には滝となっている。その上はまだなだらかなようだ。左俣には見える範囲では滝はなさそうだ。でもまあいいや、この界尾根で上がるとしよう。

画像
写真㉛
界尾根を少し上がったところで、やはり沢の様子が気になり右の方へ寄って行くと、ケモノ道が沢に沿って上がって行っている。気持ちが変わって来た。結局、そのケモノ道に乗って進み沢に降りてしまいました。

画像
写真㉜
まだまだ行けそうだ。

画像
写真㉝
二つ目の苔のナメ滝。一つ目は倒木をつかんで越え、二つ目のここは途中にある根っこをつかんで越えて行く。

画像
写真㉝-1
苔のナメ滝を超えるといよいよ源頭部。これなら行けそうだ。

画像
写真㉞
後ろを振り返る。勾配はかなりきつい。少しづつ上がって行く。

画像
写真㉞-1
あそこまで行けばまた木の根っこにつかまることが出来るぞ。

画像
写真㉟
もう少しだ。でもまだ四つん這い。

画像
写真㊱
やったー。ようやく上がって来ました。ああ、疲れた。それに結構時間がかかってしまったなあ。もう今日はおしまい。帰りは物見峠経由だな。

画像
写真㊲
物見峠。あとはダラダラと下って行くだけ。

三峰山からいったん西へ下ってから小唐沢を横断し再び登り返して丸淵へ行くルート検証の達成と一ノ宮沢の奥の右俣の思わぬ詰上達成で小さな満足なのです。鍋嵐の北側もまだまだ未踏ルートが多いのです。ああ、どうやってやっつけて行きましょうか。悩み多いですね。


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
EA師範 おつかれさまです。

「一ノ宮沢」エンテイ群に感激です。
当隊も09年10月24日に鍋嵐からこの沢に下りましたが,
おそらく㉙あたりに下降したようです。
このあたりが最上流のエンテイでしょうか。
ここまで確か5基ほどあるので,枝沢を合わせると
10基近く現存するかもしれませんね!

途中まである仕事道は8年前は新設のハイウェイでした。
リハビリが済みましたらさっそく再検証に参上する所存です。
TI-AEK26
2017/03/21 20:23
博士、お久しぶりです。
一ノ宮沢の径路の歴史、ありがとうございます。
そして石積堰堤群。見ごたえありましたよ。
出合いからは6基ぐらいで、㉙が最上流堰堤でした。
枝沢を含めやはり博士の再検証が必要ですね。
リハビリ終了間近のようですね。
博士のレポートが待ち遠しいです。
では、また...
EA
2017/03/21 22:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年3月19日  水の尻沢平成の森P〜八丁径路〜三峰山〜丸淵〜一ノ宮沢奥の右俣詰上(単独) EAの丹沢山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる