EAの丹沢山行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年3月25日  物見峠〜物見沢〜P719〜オオユナラノ沢〜柱状節理?の滝〜能ノ爪(単独)

<<   作成日時 : 2017/03/25 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像今回は物見沢上流とオオユラナノ沢を歩いてみることにする。ついでにオオユラナノ沢にある柱状節理(の滝)も見てみたい。

画像
写真@
今回も水の尻沢平成の森Pからスタート。

画像
写真A
登山道に乗り物見峠に到着。最近ここをよく通過しているが今回は峠を乗越し、向こう側の登山道(現在通行止め)で物見沢へと下降して行く。

画像
写真B
山腹を巻いているところは径路が消滅しかかっているところもあるが歩行できないほどではない。

画像
写真C
一旦、沢(物見沢枝沢)に降りる。

画像
写真D
沢と沢沿いは平坦だ。

画像
写真E
物見沢の左俣に入る。まっ平らだ。以前、右の界尾根から降りて来てこの物見沢を丸淵まで下降したことがある。

画像
写真F
2基目の石積堰堤。

画像
写真G
3基目の木の生えた石積堰堤。

画像
写真H
巻きルートに鍋がぶら下げてある4基目の石積堰堤。

画像
写真I
岩床の上の倒木を超えると5基目の石積堰堤。

画像
写真J
二俣に来た。両方に6基目の石積堰堤。ここまで堰堤の段差を除けば沢の傾斜はごくわずか。ペットボトルがぶら下げてある右俣へ進む。堰堤を越えるとすぐにP719に行く左俣へ入って行く。

画像
写真K
V字型の沢となる。そしてわずかに傾斜がついて来る。

画像
写真L
今度は小滝が出て来る。

画像
写真M
ここは右から巻き。

画像
写真N
この先、いよいよだな。

画像
写真O
源頭部。二俣になっている。

画像
写真P
左俣。行く気がしない。

画像
写真P-1
右俣。行けるかもしれないが止めときましょう。

画像
写真P-2
なのでこの界尾根を上がって行く。

画像
写真Q
P719の巻き道に乗った。

画像
写真R
P719のピークから北尾根を下降して行く。

画像
写真S
広い尾根。

画像
写真㉑
左の尾根を下降して行く。

画像
写真㉒
下に沢が見えて来た。

画像
写真㉓
ここは鍋嵐沢出合だ。

画像
写真㉓-1
沢に降りて鍋嵐沢を見る。

画像
写真㉔
さあ、オオユナラノ沢に入って行くぞ。

画像
写真㉕
ここの地形は面白いなあ。

画像
写真㉖
ここは右岸(左側)の岩を上がって行く。

画像
写真㉗
ここも奥を左に上がって行く。

画像
写真㉘
ここは沢から上がり右側をそのまま歩いて進む。

画像
写真㉙
ここら辺、どのような地殻変動があったのだろうか。

画像
写真㉚
青白い岩がとても綺麗だ。セラドナイト(セラドン石)というものらしい。

画像
写真㉛
右のスロープで越えて行く。

画像
写真㉜
沢は大きくカーブして来る。

画像
写真㉝
小さくくねくねと曲がる。

画像
写真㉞
近いぞ。

画像
写真㉟
おお、あれが柱状節理の滝だな。

画像
写真㊱
近づいて見上げる。何か変だなあ...

画像
写真㊲
これは柱状節理では無いぞ。兵庫県の玄武洞公園のすばらしい柱状節理を見たことがあるが、これは断面六角形の柱状節理になっていない。誰かがこれは丹沢の三大がっかりの一つだと言っていたというのを聞いたことがあるが、納得だ。あぁあ、帰るとしよう。

画像
写真㊲-1
帰りは手前の尾根を上がって行く。

画像
写真㊲-2
あばよ!

画像
写真㊳
尾根に乗った。能ノ爪まで上がって行く。

画像
写真㊴
おお、熊ベットだ。

画像
写真㊵
左へ行くと宮ヶ瀬尾根。

画像
写真㊶
能ノ爪。あとは基本下りのみだ。

画像
写真㊷
物見峠を過ぎてすぐのところにこんなものが。朝はなかったぞ。少し先に行くと2名で登山道の状況を調査している。話を聞くと、これから5〜6日かけて登山道の修復を行うとの事。ご苦労様です。

「柱状節理の滝」と呼ばれていた滝はこれ以上がっかり者を増やさないためにも「柱状節理ではなかった滝」と改名したほうが良さそうだ。それでもオオユラナノ沢としてはその地形や青白いセラドナイトなどなかなか楽しませてくれたと思う。柱状節理ではなかった滝からの登りの尾根に熊ベットがあった。以前、あの近くで熊との遭遇格闘事件が起きたことを知っている。あの山域は特に注意が必要だ。


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
EAさん、お疲れ様です。

ま〜がっかりせずに!後二つはなんなのでしょう?知っていたら教えてください。3大がっかりめぐりも良いのでは?
utayan
2017/03/27 21:36
utayanさん
柱状節理だと信じて行ったのですが、やられてしまいました。
でもそれ以外は楽しめましたのでまあ良しとしましょう。
3大がっかり、残りの2つは何なのでしょうね。
自分で定義する3大がっかりも面白いかもですね。
EA
2017/03/28 08:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年3月25日  物見峠〜物見沢〜P719〜オオユナラノ沢〜柱状節理?の滝〜能ノ爪(単独) EAの丹沢山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる