EAの丹沢山行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年4月23日  地蔵尾根〜岩清水(岩水沢横断)〜絵瀬尾根(コラボ)

<<   作成日時 : 2017/04/23 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像M−Kさんとのコラボで地蔵尾根と絵瀬尾根を使って岩水沢の岩清水を見に行きましょうとなる。岩清水へは岩水沢を上がって行くのではなく上の二俣の界尾根で下降して行き、戻りは沢を詰めるのではなく適当(適切)に絵瀬尾根目指して横の尾根に上がりましょという計画。いやはや、こういうルートの計画は凡人にはできない。さすがM−Kさんだ。ところが、現地ではもっとすごいことになるのです。でも存分に楽しんで満足して来れたのです。もうほとんど病気ですね、二人とも。

画像
写真@
神ノ川ヒュッテ近くの駐車スペースに車を止めて林道をテクテク。ようやく檜皮橋。

画像
写真A
広河原に降りて行く。

画像
写真B
ちょっと気になっていた尾根の先端を見に行きましょうとなる。おおっ、アクセス可能じゃん。これなら絵瀬尾根を右折しそこなってもここに降りてくることが出来るな。よしよし。

画像
写真C
岩水沢出合に到着。

画像
写真C-1
地蔵尾根取り付きのロープはちゃんとしている。

画像
写真C-2
急傾斜なのですぐに高度が稼げる良い尾根だ。

画像
写真D
地蔵尾根の本尾根に乗りました。やれやれ。

画像
写真E
M−Kさんは今後の新ルートの調査に余念がない。ここは小谷へ降りられそうな枝尾根のところ。

画像
写真F
P1159m手前の剣の小ピーク。石が積まれたところに剣がさしてある。この写真だとちょっとわかりずらい。

画像
写真F-1
先へ進もうとするとM−Kさんより新提案。ここなら岩水沢へ降りられるんじゃないの。まず右俣へ降りて尾根を乗越して岩清水の有る左俣へ行けるかもよ。ええっと、下を見ると確かに降りて行かれそうな感じ。

画像
写真F-2
じゃあ、やりましょうと、まずは剣の小ピークへの巻きルートで下降開始。

画像
写真F-3
岩水沢の右俣へ向けて斜面を降りて行く。

画像
写真G
おお、軟着陸できそうだ。

画像
写真H
沢に降り立ち、下流の方へ少し下降して行く。

画像
写真I
ここなら上がって行けそうだ。

画像
写真I-1
すぐに溝に阻まれ上に追いやられる。

画像
写真I-2
カモシカのお立ち台を見つけてご満悦のM−Kさん。

画像
写真J
この溝は渡れそうな気もするが...

画像
写真J-1
安全策で上の確実に渡れそうなところを行く。

画像
写真K
そして、いよいよ岩水沢左俣への下降だな。ここもなんとか行けそうだ。

画像
写真L
じゃ〜ん、やったね。ドンピシャで岩清水のところに降りて来れました。ランチタイムとし、しばしこの場の雰囲気を楽しむ。

画像
写真L-1
お名残惜しいがここをバイバイしなくてはなりません。岩清水の左上の方向へ行けそうなので上がって行く。

画像
写真L-2
水はチョロチョロだが別の岩清水もある。

画像
写真M
右上の方は岩稜帯なので上がって行けない。

画像
写真N
斜上が続く。

画像
写真O
おお、ここなら上がって行けそうだ。

画像
写真P
もうすぐ絵瀬尾根に乗るぞ。頑張れ。

画像
写真Q
蛭ヶ岳を見ながら休憩。

画像
写真R
絵瀬尾根に乗りました。やりました。地蔵尾根と絵瀬尾根間の横断大成功なのです。

画像
写真S
正面は檜洞丸。檜洞丸へ突きあげる彦右ェ門谷は今後の課題だ。あとはルンルンと下るだけ。

画像
写真㉑
ではなかった。途中、下る尾根が見つからず右往左往してしまった。絵瀬尾根はやはり難しい。ルートを見つけて下降していると後ろの尾根の上から人の話し声が聞こえた。まもなくガッチャをつけた男女二人組が降りて来ました。こんなところで人に会うのは珍しいですねと少々情報交換。なんと岩水沢を詰めて来たとの事。我々の珍ルートも説明。う〜ん、理解していただけたでしょうか。先に行ってもらう。

画像
写真㉒
右折も無事にできて最後の尾根下降。

画像
写真㉓
尾根の先端部まで降りて来ました。しかしここから沢への下降ルートがほんの少しのところなのだが毎回違っちゃうのです。

画像
写真㉔
今回は伊勢沢を少し入ったところに降りて来ました。

画像
写真㉕
伊勢沢ではお洗濯休憩。

画像
写真㉖
林道へと上がって行く。

画像
写真㉗
今日も生きて戻ることが出来ました。素晴らしい成果でした。

最近、横断や縦断というルートをやっているが、今回の横断ルートはなかなか素晴らしいかったのです。岩清水へもドンピシャ。M−Kさんには大感謝なのです。でも良い子の皆さんは真似をしてはいけませんよ。無事にたどり着けたり戻れたりする保証はありませんので、そこんとこよろしくお願いします。


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
思わず「おお〜!」と唸ってしまうルート取り。
さすがのお二人ですね。

岩清水からの絵瀬尾直登、この夏実施予定でしたよ。
参考にさせていただきますね。
数年前より、岩水沢から絵瀬尾根を乗っ越して伊勢沢へ下降、
三ノ沢から風巻尾根へ直登などと企んでおりましたが、今の
体力では難しそうです(^^)

今回お二人の記録を拝読し、絵瀬尾根までは何とか行けるかなと
思いました。
ありがとうございます♪
レガー
2017/04/25 08:23
ありがとうございます。
おかげさまで無事に横断できました。
ほんと、M−Kさんの企画力現場力には敬服しています。

おっ、レガーさんは岩水沢〜絵瀬尾根〜伊勢沢〜風巻尾根の横断企画を温めておられるのですね。その企画、そそられますね。レガーさんなら体力の心配はいらないと思いますので、ぜひチャレンジしてみてください。

私も楽しい山行を続けて行きたいと思っています。
これからもよろしくお願いします。
EA
2017/04/25 16:19
EAさん、トラバからの石清水お疲れ様です。

 この春候補に挙げていた岩水沢。以前から皆さんの石清水写真羨んでいたところ1年くらい前から考えているコースで行ってみようと思ってます。トラバースで行くところがM-Kさんらしいといえばそれまでですがやはりお二方とも病状進んでるようで・・・。
utayan
2017/04/26 17:20
そうなんですよ、もうほとんど病気、それも不治の病のようです。
utayanさんは感染しないようにしてくださいね。
岩清水、頑張ってください。
EA
2017/04/26 20:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年4月23日  地蔵尾根〜岩清水(岩水沢横断)〜絵瀬尾根(コラボ) EAの丹沢山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる