EAの丹沢山行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年4月28日  浅瀬〜法行沢林道〜椿丸ノ沢〜椿丸〜小熊沢(単独)

<<   作成日時 : 2017/04/28 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像今日の山行は法行沢林道改良工事の状況確認と椿丸北側斜面の状況を沢を詰めながら確認して来ようと思う。ついでに未踏の尾根や沢をちょっとだけやるつもりなのです。

画像
写真@
浅瀬の駐車スペースが満車状態だったので手前のトイレ付Pに車を止めてスタート。大又沢幹線林道をテクテク歩きやっと法行沢橋に到着。

画像
写真A
ショートカットして法行沢林道に上がる。まもなく法行沢林道改良工事関係と思われる車とトラックがうしろから通過して行く。まだ8時前だ。工事の人たちは早いなあ。

画像
写真B
工事の詰め所がある。

画像
写真C
工事が既に完了し綺麗になっている。すばらしい。ここは昨年度の工事だろう。

画像
写真D
今年度の工事現場だ。林道の護岸工事に向けて沢の流れを変える工事をしている。

画像
写真E
ここもそのうち直すのだろうか。

画像
写真F
おお、椿丸が見える。あそこに上がる予定だ。

画像
写真G
椿丸へは沢から上がろうと思っている。林道から急斜面を下って法行沢に降りる。ここは二俣。右俣は中法行沢、左俣は椿丸ノ沢と名前を変えるようだ。

画像
写真H
左俣の椿丸ノ沢に入り椿丸を目指す。

画像
写真I
早速堰堤が出て来る。右から越えて行く。

画像
写真J
ナメ床だがドラム缶が転がっている。大型の廃棄物があるという事は上流に林道があるという事だ。

画像
写真K
堰堤、2基目。

画像
写真K-1
両岸共急峻だが、右から越えて行く。

画像
写真L
開けたところに3基目の堰堤。銘板は平成14年度となっている。

画像
写真M
沢は再び狭まる。

画像
写真N
二俣だが左には林道の擁壁と思われる構造物が見える。

画像
写真O
おお、橋だ。手前の滝は水流の中を簡単に登って行ける。

画像
写真O-1
この先も行けそうだ。

画像
写真P
水流の中を行く。

画像
写真Q
4基目の堰堤。

画像
写真R
二俣。階段状の滝を難なく超えて右俣へ進む。

画像
写真S
再び椿丸が見えて来た。

画像
写真㉑
一番左の沢に入って進む。

画像
写真㉒
椿丸の下はこんな荒れた斜面になっていたんだ。土はゆるゆるだ。左の溝に入って上がって行く。

画像
写真㉓
茅場だったと思われる斜面にすでに茅は無く、土の流出が始まっている。

画像
写真㉔
椿丸のピークまで上がって来た。

画像
写真㉔-1
ここも土留め等、何らかの対策が必要になってくるだろうな。

画像
写真㉕
今度は右の未踏尾根を下って熊沢へと降りて行く。

画像
写真㉖
ほとんど植林の尾根を降りて来ました。

画像
写真㉗
ヒェー、倒木地獄だ。

画像
写真㉘
小熊沢へと入って行く。もちろん初めて。

画像
写真㉙
本流の左を行く。

画像
写真㉚
山のお仕事の残置物だろうか。今はこんなことしないだろうな。いや、しないでほしい。

画像
写真㉛
二俣だ。本流は左のようだ。

画像
写真㉜
帰りの距離が少しでも縮まる様に右俣へ進む。

画像
写真㉝
奥の二俣。右俣の奥はザレで立っている。とても越えられそうにない。

画像
写真㉞
ということで、左に入って上がって行く。

画像
写真㉟
それなりに急だが何の問題もなく尾根に上がって来ました。時間はちょっと早いがここら辺で戻るとしよう。

画像
写真㊱
あれは権現山だろう。結構存在感あるなあ。

画像
写真㊲
降りて来ました。あとは林道を歩いて戻るだけ。

法行沢林道改良工事は水源林の管理の為だろうか。あと何年かかるのだろうか。とにかく頑張っていただきたい。
椿丸北斜面の下の方はすでに結構荒れていた。今後も崩壊が進んで行くだろう。土留めと植樹が必要となってくると思われる。
この記事を書いている時に小熊沢でネットを検索してみるとM−Kさん達がすでに2011年6月に行かれていた。まあ、丹沢の大先輩でもあるし当然といえば当然であるが、自分もようやく行かれてうれしい。
世附の山歩きはどうしても林道歩きが長くなるのでその分、目的の山歩きの時間や距離が短くなってしまう。まあ、これはしょうがないので少しづつやって行くしかないなあ。

月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
EAさん
渋い処をお疲れ様です‥。
椿丸〜大五郎ピーク間から見る沢は
どう見ても登って来たいとは
思いませんでした。
帰路のルートもこれまた激渋でしたね!
激渋を体験すればこそ、美尾根、美沢が
より輝くというものです。(^^)v
M-K
2017/04/29 21:20
M−Kさん
椿丸北面のあそこの斜面はなぜかだいぶ前から上がって来たかったところです。それが何だと言われればそれまでですが、丹沢を隈なく歩きたいという気持ちなのでいつかは歩かなくてはいけないのです。とにかく初めてのところを歩けたというだけでもうれしいのです。倒木地獄で激渋の小熊沢も楽しんで来ましたよ。でも、こういうことは一般的には理解されないでしょうね。M−Kさんの激励に感謝します。
EA
2017/04/29 22:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年4月28日  浅瀬〜法行沢林道〜椿丸ノ沢〜椿丸〜小熊沢(単独) EAの丹沢山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる