EAの丹沢山行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年5月24日  本間橋〜本間沢〜界尾根〜無名ノ頭〜本間ノ頭(コラボ)

<<   作成日時 : 2017/05/24 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像本間沢をちょっと歩いてお花を見に行きましょうとM−Kさんとコラボ実施。本間沢はちょうど2年ぶりの訪問。さて、どんなになっているのか、楽しみだ。

画像
写真@
本間橋に車を止め、魚止め森の家からの径路に乗って進み本間沢に入る。向こうに滝が見えてくる。

画像
写真A
濡れないで越えるルートも有りそうだが、ヌメリもあるので右の小さな岩尾根を登って越えて行くが、それとて簡単ではない。

画像
写真B
この滝は水流の中を上って行ける。

画像
写真C
ここは水流の右から。

画像
写真C-1
よいしょ、っと。

画像
写真D
連瀑。

画像
写真D-1
右の細い水流の溝を使って越えて行く。

画像
写真D-2
難しくはない。

画像
写真D-3
右の水流の中を上がって行く。

画像
写真E
連瀑が終わり、次の滝。上の方は右から巻く。

画像
写真F
向こうに小さな滝が見えて来たが、何か変。

画像
写真G
沢の様子が大きく変わっているようだ。どうも右俣の沢から岩が押し出されてきているようだ。

画像
写真H
斜面も崩落しているようで、違う沢のようになってしまっている。

画像
写真I
ここは以前とそんなに変わりがない様子。

画像
写真J
この二俣の左俣の滝も健在だ。

画像
写真J-1
ちゃんと登って行きますよ〜。

画像
写真J-2
本間沢とはここでお別れ。この界尾根で無名ノ頭からの尾根に上がるのです。

画像
写真K
最初はかなり急。ザレっぽい斜面をヒーヒー言いながら登って行く。

画像
写真L
尾根らしくなり歩きやすいが、相変わらず勾配はきつい。

画像
写真M
ようやくなだらかになって来た。

画像
写真N
いい感じじゃん。

画像
写真O
無名ノ頭からの尾根に乗り展望地で蛭ヶ岳方面の景色を楽しむ。市原新道、白馬尾根、榛ノ木丸へのトレラン尾根、そして早戸川の上流域の深い谷がとてもいい。

画像
写真P
上がって来ました。

画像
写真Q
無名ノ頭。

画像
写真R
シロヤシオがいっぱい。これを見たかった、とM−Kさん。赤いのも咲いている。

画像
写真S
本間ノ頭に到着。休憩し、下山開始。

画像
写真㉑
分岐は左へ。

画像
写真㉒
ネットの鹿柵だ。

画像
写真㉓
思っていたより結構な急こう配を降りて来ました。

画像
写真㉔
戻って来ました。まだ2時前。早い帰着もいいね。

本間沢、豪雨でもあったのか、岩の押し出し、斜面の崩壊等でかなり沢の様子が変化していたところがあった。たまには行って見るもんですね。本間沢は前半半分の遡行だったが、そろそろ夏の沢歩きとなってくるのを感じられて十分に楽しめた。目的のお花も見られたし、のんびりとした良い一日でした。

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年5月24日  本間橋〜本間沢〜界尾根〜無名ノ頭〜本間ノ頭(コラボ) EAの丹沢山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる