EAの丹沢山行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年7月2日   中ノ沢〜水晶崩レノ沢左岸尾根〜ポッチ沢右岸尾根〜原小屋沢〜カサギ沢(コラボ)

<<   作成日時 : 2017/07/02 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像早戸川から中ノ沢に入り、そして市原新道に上がってからポッチ沢に降りて、それから・・・というとてもユニークな山行ルートをM−Kさんが企画立案。そしていつものように詳細は現地でということでコラボスタート。

画像
写真@
魚止橋から水平道に入り、ここは毎度の造林小屋。傾きが少し増したようだ。

画像
写真A
ここの通過が怖いのです。

画像
写真B
おっ、森林整備用に架けられた丸太橋はまだ残っているぞ。

画像
写真C
水量は少なめ。渡渉しても何ら問題無いがこの橋を渡る。

画像
写真D
M−Kさんのリクエストで初めて早戸川の右岸で中ノ沢出合へ行く。こんな行き方があったんだ。

画像
写真E
そして中ノ沢。

画像
写真F
市原新道への取り付きポイントを探りながら進む。

画像
写真G
いくつか取り付きポイントはあったが結局、水晶崩レノ沢出合まで来てしまいました。出合に有ったガレの山は無くなっていました。

画像
写真H
説明容易な水晶崩レノ沢左岸尾根に取り付く。ちゃんと登山道(もちろんケモノ道です)が付いている。もちろんこの尾根は初めて。

画像
写真I
いい感じの尾根だ。ただし急登を除けばですが...

画像
写真J
鹿柵の中に入る。植林地だがここは開けていて太陽が届くからであろうか下草や低木が育っている。

画像
写真K
でもすぐに薄暗い茶色の世界となる。

画像
写真L
鹿柵の向こう側には市原新道が通っているはず。

画像
写真M
鹿柵の壊れたところをくぐって少し行くと市原新道に乗りました。

画像
写真N
市原新道を上がっている時にルート変更の提案が有り、ポッチ沢右岸尾根で原小屋沢へ下降しましょうとなる。するとちょうどポッチ沢右岸尾根へ通じると思われる踏み跡(径路orケモノ道?)があり、省エネモードにもなるのでそれに乗ってトラバースして行くことにした。

画像
写真O
これがバッチリ大当たり。これより下になると沢が深くて横断困難。まさにちょうど良いところでポッチ沢右岸尾根に乗ることが出来ました。

画像
写真P
いい尾根じゃん。さっそくピクニックモードでランチタイム。

画像
写真Q
水の音がだんだん大きくなってきた。

画像
写真R
最後は窪みの泥の急傾斜地を降りて行く。そしてガータゴヤ滝が現れる。

画像
写真R-1
この位置から見るガータゴヤ滝はナイスだ。

画像
写真R-2
ガータゴヤ滝を下から見物した後、原小屋沢の下降に入る。

画像
写真S
すぐに滝。ミニガータゴヤ滝だ。そうだ、ガータゴヤ滝から下の原小屋沢は春の小川ではなかったのだ。完全に勘違いしていました。大ボケ。

画像
写真S-1
気持ちを切り替えて滝の下降モードになる。この滝は階段状なので歩いて直接下って行ける。

画像
写真㉑
三段の滝は右岸をロープで降りる。

画像
写真㉑-1
2ピッチ目。下に降りて少し進むと。何やら人の声が聞こえる。後ろを振り返ると若い男の人が左岸のガレの窪みを降りている。少し待っていたが、途中で休憩モードに入ったようなので、先へ進むことにした。

画像
写真㉒
おお、ここか。電線をつかんで岩をヘツってから気をつけて降りて行く。

画像
写真㉒-1
しっかりとしたホールド・スタンスがあるので落ち着いて降りれば問題ない。

画像
写真㉓
ようやくバケモノ滝まで降りて来ました。ふぅ...

画像
写真㉔
バケモノ滝の下まで降りて来ました。ここまでくれば一安心。しばし休憩。

画像
写真㉔-1
すると始まってしまいました。一応、7月に入ったけれど、まだそんなに気温も水温も高くない。さすが北国の元水泳部。元気ですね。お誘いは有ったがもちろん自分はパス。

動画(音有り)



画像
写真㉕
水泳が終わると、さきほどの若い男の人が下りて来た。最近沢を歩くようになった。こちらには初めて入った。三段の滝では左(右岸)から大滝巻きで越えようとしたが途中で断念して下りて来た。そして我々のこれからのルートを話すと、連れて行ってくださいとの事。急きょ、3人コラボとなる。そしてちょっと下ると、ここはカサギ沢出合。

画像
写真㉕-1
まずはこの出合いの滝を登る。そしてすぐ、左岸の尾根に取り付き榛ノ木丸の南東尾根(トレラン尾根)に上がって行く。

画像
写真㉖
結構急登なのです。ここは以前、M−Kさんとのコラボで下った尾根なのです。

画像
写真㉗
ようやくトレラン尾根に乗る。あとは下りだけだ。

画像
写真㉘
ここで鹿柵の扉をくぐる。

画像
写真㉙
造林小屋まで行かずに途中でトレラン尾根を外れ、仕事道の径路で伝道沢の右岸まで降りて来ました。

画像
写真㉚
そして3人無事に魚止橋まで戻って来ました。

予定にはなかったが原小屋沢の滝下降を楽しんでしまった。初めてではないがここって緊張するんですよね。もちろん、初尾根の水晶崩レノ沢左岸尾根やポッチ沢右岸尾根もとても良かったのは言うまでも有りません。さらに浦安から来たという若者との急きょコラボも、同じ山を楽しむ者どおしのお付き合いであり、短い間ではあったが楽しいひと時でした。
M−Kさん、今回も楽しい山行企画をありがとうございます。
皆さんまたよろしくお願いします。

月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
バケモノ滝からご一緒させていただいた者です。その節は有難うございました。
お二人に声をおかけした場所よりずっと上の方で、進退を悩んでいたときに沢を歩くお二人を見付けました。
かなり不安になっていたので急いで下りて声をかけてしまいました。
声をかけたあとは、休憩したのではなく、ロープを出して下りていました😅。
その後はご一緒させていただき、とても感謝しています。
色々なお話しとVルート、とても楽しかったです。またご縁があればご一緒したいです。
有難うございました。

ヤマレコ tee-a
tee-a
2017/07/04 20:59
tee-aさん
あの時あそこでもう少し待っていればよかったですね。
でもご無事で何よりでした。
こちらこそ山好きの方とお知り合いになれてとてもうれしく思います。
これからもより安全に気を付け山や沢を楽しんでください。
では、またどこかで...
EA
2017/07/05 21:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年7月2日   中ノ沢〜水晶崩レノ沢左岸尾根〜ポッチ沢右岸尾根〜原小屋沢〜カサギ沢(コラボ) EAの丹沢山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる