EAの丹沢山行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年7月23日  【県外遠征・奥多摩】大黒茂谷周辺径路散策(コラボ)

<<   作成日時 : 2017/07/23 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像先週に続き今週もM−Kさんとの県外遠征。今回は奥多摩の多摩川水系・泉水谷水系の大黒茂谷(おおくろもだに)へ行くことになった。ところが計画では大黒茂谷を遡行して大菩薩領の西側稜線登山道に詰め上げようということだったのだが、大黒茂谷の入渓直前に天気予報では午後からとなっていた雨が早くもポツポツと落ちて来てしまった。う〜んこれじゃなあ、と沢歩きの気乗りが失せてしまい、M−Kさんと相談して周辺径路の散策へと計画変更したのです。

画像【散策ルート拡大】

画像
写真@
前回同様、今回も車中前泊。そしてはたまた駐車地は非水平。なのでとても寝苦しい。4時に起きて空を見るとどんより。う〜ん、気分もお空もいまいち。日の出の時刻を少し過ぎて出発するも、まだ暗い。

画像
写真A
泉水谷林道をテクテクと進む。途中までは林道と沢床との高低差はかなり有り、のぞき込むのも怖いぐらい。山側には擁壁や金属ネットが綺麗に造られている。上流に行くに従い、それらの設置年度も新しくなっていく。

画像
写真B
一時間ちょっと歩いてようやく大黒茂谷出合に到着。休憩していると雨がポツポツ。山の天気予報ではこの辺の山では午後には雨。だいぶ早く降り始めてしまったようだ。これからは天気はさらに悪くなりそうなのでM−Kさんとこれからについて相談。結果、大黒茂谷遡行はあきらめ、この辺の径路散策に計画変更することにした。この辺の山域は初めてであり、径路散策でも様子を知ることが出来るので意義はあるのです。

画像
写真B-1
まずは大黒茂谷左岸径路に入って行く。径路入口は先ほどの出合の標識よりほんの少しだけ上流にある。

画像
写真B-2
しっかりと作られている木橋を渡って行く。

画像
写真B-3
木橋を渡ると径路は上へと登って行く。

画像
写真C
大黒茂谷を見ることなく、かなり上へと登らされる。

画像
写真D
左下にようやく沢が少しだけ見えるようになってきた。小滝も見える。

画像
写真E
この木橋もしっかりと付けられている。

画像
写真F
枝沢の横断も丁寧に木橋が付けられている。この辺は橋が流されるというようなことはないのかな。それともメンテナンスが行き届いているのかな。

画像
写真G
笹が出てきた。ただし、あまり濃く無く、葉っぱのないものも目立つ。笹藪と言うほどではない。

画像
写真H
すばらしい石積だなあ。いつごろ造られたのだろうか。

画像
写真I
分岐のところに来た。少し先に行き振り返る。地形図を見ると、この西へ向かう径路は牛首谷まで行くようだ。今来た径路をそのまままっすぐ行っても、雨が本降りになりさらに雷様にでも出会ったなら生きた心地はしない。なのでM−Kさんと相談し、この分岐で牛首谷へ向かうことにした。

画像
写真J
径路はしっかりしているがあまり歩かれてはいないようだ。

画像
写真K
沢の横断。開けていて気持ちの良いところだ。

画像
写真L
また分岐だ。左は丸川峠へ向かう径路のようだ。我々は直進して牛首谷を目指す。

画像
写真M
崩壊地を囲んで鹿柵が付けられている。径路は最近手が入っているようだ。山側の角が削られており、径路幅はしっかりあり、平らにならされている。すごいぞ、スーパーハイウエイだ。

画像
写真N
地形図の径路とはズレて付けられているので、尾根と言う尾根を巻いて行くようになっている。

画像
写真O
あれっ、この先がひらけているぞ。

画像
写真P
林道だ。朝歩いた林道がここまで延びているようだ。

画像
写真P-1
長〜い林道歩きの始まりだ。

画像
写真Q
ここは牛首谷と泉水谷の合流地点。ナメの沢床がずっと続いている。茶色と黒が交互の地層もくっきり。おもしろいなあ。

画像
写真R
ようやくゲートまで戻って来ました。雨は少しづつ強まってきているが、何とか本降り前に戻れたのです。よかったよかった。

天気が意外と良くなく急きょ計画変更で径路散策としてしまったが、今回の山域まで来たのはもちろん初めてであり、新鮮な気持ちで楽しめた。雰囲気も分かったし、今度来た場合には大黒茂谷を遡行してみたい。一人では思いもつかないところに連れて来たもらい、M−Kさんには感謝なのです。またよろしくお願いします。

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年7月23日  【県外遠征・奥多摩】大黒茂谷周辺径路散策(コラボ) EAの丹沢山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる