2020年8月29日  馬印ノ沢~メオトノ沢(単独)

▲今回は水ノ木にある馬印ノ沢とメオトノ沢に入ってみることにする。 ▼写真①林道(水ノ木幹線林道)に降りて来ました。 ▼写真②水量たっぷりの大棚ノ滝が下に見える。 ▼写真③馬印ノ沢が見えて来た。 ▼写真④入り口は地味だ。 ▼写真⑤少し「らしく」なって来たかな。 ▼写真⑥いい感じになって来た。 ▼写真⑦さあ、滝が出て来たぞ。 …
コメント:0

続きを読むread more

2020年8月11日  丸尾沢最初の右俣(単独)

▲丸尾沢の大き目な支流のなかでまだ入っていないのが残っている。それは丸尾沢の出合から少し入ったところの最初の支流だ。今回はその丸尾沢の最初の支流(丸尾沢右俣)に入ってみることにする。 ▼写真①今回もここ橡ノ丸から。 ▼写真②水ノ木幹線林道を横切る。 ▼写真③プチ笹薮。 ▼写真④丸尾沢に急下降中。 ▼写真⑤丸尾沢出合から入ってす…
コメント:2

続きを読むread more

2020年8月2日   日向沢残&丸尾沢上流域(単独)

▲またのご無沙汰です。連日の雨。最低な7月でしたね。ということで今回は前回の続きで日向沢の残りと丸尾沢上流域をやろうと思います。 ▼写真①今回はここ橡ノ丸から。 ▼写真②日向沢に降りて来ました。 ▼写真③右俣に入るとすぐに滝。滝があるのは前回左俣に入った時に見ていたのでわかっていた。ただ、登れるかちょっと心配だった。 ▼写真③-…
コメント:0

続きを読むread more

2020年6月27日  世附日向沢(単独)

▲かなりのお久しぶりです。長い自粛からようやく戻って来ました。体もモチベーションも変わってしまいましたが、今回からまたやり直すつもりです。さて、今回は前回からの続きで世附の日向沢支流に入って行きます。 ▼写真①アプローチは楽チンな切通峠側から。 ▼写真②登山道は左下へ降りて行くが、ここは鉄塔巡視路に乗ってまっすぐ。 ▼写真③林道へ…
コメント:2

続きを読むread more

2020年3月21日  世附四ノ沢残り&日向沢(単独)

▲前回、四ノ沢に入ったが当初、四ノ沢橋からすぐ上流の右から出合う支流に入ろうとしたのだが、すごく高い滝で出合っていたので入ることが出来なかった。その周辺も巻きが不可能なほどすごく立った斜面だった。今回はそのリベンジと隣の日向沢に入ってみようと思う。 ▼写真①今回はここをまっすぐ。 ▼写真②左に入り丸尾山へ。 ▼写真③この上が丸尾山…
コメント:2

続きを読むread more

2020年3月1日   世附四ノ沢&三ノ沢右俣(単独)

▲世附の西端は歩いていないところがまだ多く残っている。なにせ遠いので後回しになっていた。今回は思い切ってまずは入りやすいところから歩いてみることにする。 ▼写真①切通峠着。 ▼写真②林道に合流。 ▼写真③林道終点かと思ったがまだ下に続いている。 ▼写真④目的の尾根に行くかと期待したが、残念、林道は終わってしまった。トラバースで目…
コメント:4

続きを読むread more

2020年2月23日 続赤沢支流(単独)

▲お久しぶりです。前回、もう終わりかなと言ったこの辺りだが、まだやらなければいけないルートが残っていました。それは、赤沢の左右対称性を生かしたルート取りだ。今回はそんなルートでの山行を楽しみたい。 ▼写真①今回は、大界木山への直登ルートでのアプローチ。稜線に近づくと北からの冷たい強風が吹きつける。富士山は雲かな雪煙かな。 ▼写真②沢…
コメント:0

続きを読むread more

2020年1月11日  地蔵沢上流域赤沢支流(単独)

▲昨年末、地蔵沢上流域の戸沢とバケモノ沢の未踏支流に入ったが、今回はその時疲れたのと時間不足でやり残してしまった同じ地蔵沢上流域にある赤沢の未踏支流に入ってみることにする。 ▼写真①本日は楽してここからスタート。 ▼写真②大界木山方面への取り付きのザレは少し崩れて来ているかな。 ▼写真③斜面をジグザグして尾根の上まで上がって来た。…
コメント:2

続きを読むread more

2020年1月1日   2020塔ノ岳(単独)

▲毎年塔ノ岳その年一番乗り(第一目的)と初日の出(第二目的)を続けて来たが昨年は雨模様の為、登る前に引き返してしまった。今年は丹沢山山頂の天気予報では朝の内曇り。う~ん、でも雨ではないので決行することにした。ルートはこれもいつもと同じ書策新道と木ノ又新道(ホソノノ尾根)で塔ノ岳を目指すピストン山行だ。 ▼写真①さあ、ここからだ。 ▼…
コメント:2

続きを読むread more

2019年12月29日 高指山からの富士山(コラボ)

▲富士山を見に高指山に登った。時間は8時26分。何と山中湖の上だけに霧がかぶさっている。さらに下の木々は霧氷の白い花満開。すばらしいタイミングだ。 ▼8時44分。こちら側の湖面から霧が晴れて来ている。 ▼M君とRちゃんも大喜び。 ▼降りてくると霧氷が登りの時よりも発達していた。 なかなかの富士山景色だったのです。大成功。
コメント:0

続きを読むread more

2019年12月28日 地蔵沢上流域戸沢・バケモノ沢の未踏支流と界尾根(単独)

▲今回は先週雨で撤退した計画の再チャレンジ。その計画とは地蔵沢上流域の戸沢、バケモノ沢、赤沢のまだ入っていない支流や界尾根をこれまで歩いたところとなるべく重ならないように回ろうというアホなものなのです。さてうまく行きますでしょうか。 ▼写真①いつものように忘路峠まで来ました。 ▼写真①-1稜線登山道に上がって来ました。今日は晴天。 …
コメント:0

続きを読むread more

2019年12月21日 雨➡早々に撤退➡結果➡大界木山周回(単独)

▲前回と同じ野外活動センター跡からスタート。 ▼写真①キャンプファイヤー場跡。 ▼写真①-1古看板。 ▼写真②古看板。 ▼写真③あそこの忘路峠へ上がって行く。犬峠とも言うらしい。 ▼写真④雲の中。 ▼写真⑤ありゃ~、ポツポツと雨が。落ち葉にあたる音が大きい。しかも稜線登山道の南側だけで降っているようだ。しばらく待ったが相変わ…
コメント:0

続きを読むread more

2019年12月8日  モロクボ沢上流域(単独)

▲1年前のモロクボ沢歩きで時間切れとなり残っていた上流域を歩いてみることにした。 ▼写真①廃登山道で忘路峠に上がって来た。今回はモロクボ沢の上流域なので裏から入ることにしたのです。 ▼写真②モロクボ沢ノ頭着。 ▼写真③富士山くっきり。 ▼写真④あの尾根でモロクボ沢に下降して行く。 ▼写真⑤歩きやすい。 ▼写真⑥降りて来ました…
コメント:0

続きを読むread more

2019年11月30日 法行沢下流域右岸側支流(単独)

▲今回は今月2日の山行の続きで法行沢下流域右岸支流を歩いてみることにする。 ▼写真①浅瀬からテクテク歩いて法行橋着。 ▼写真②事前調査で沢に降りてみる。この沢の出合は2段の石積堰堤だ。しかも右岸尾根はかなりの急こう配だ。 ▼写真②-1大又沢ダムからの導水路への取水口もある。 ▼写真②-2今でも使っているのかどうかは分からない。 …
コメント:0

続きを読むread more

2019年11月28日 塔ノ岳_初雪

用事が有り塔ノ岳に上がった。上がった時にはみぞれだったが、しばらくすると雪になった。尊仏山荘のご主人に聞くと何と初雪との事。ラッキー!ということで写真のみですが2枚アップします。撮影時間は14:45頃。
コメント:0

続きを読むread more

2019年11月10日 ニカニカ同窓会@弥七沢ノ頭付近崩壊地の上(ニカニカメンバーとコラボ)

▲本日はニカニカ同窓会。以前のニカニカメンバーが久しぶりに集まっての集会だ。これまでの主催者であったM-Kさんに変わりレガーさんが発起人となり多々のご尽力の結果、本日の開催となったのです。 ▼写真①決まっていたのは11時に弥七沢ノ頭付近の崩壊地の上と言うことだけだが、続々とメンバーが箒沢の駐車場に集まって来た。すでに出発したメンバーも…
コメント:4

続きを読むread more

2019年11月2日  法行沢支流(単独)

▲法行沢の右岸側にはまだ入っていない支流が多い。今回はまだ入ったことのないそれらいくつかの支流に挑戦してみようと思う。 ▼写真①大又沢幹線林道を行くと大又沢の砂利を取った跡がある。ということはあの林道陥没の修復に使ったのかな。 ▼写真②あたりだ。陥没が修復されている。 ▼写真②-1なるほど土嚢を使ったんだな。 ▼写真③変わらぬ法…
コメント:0

続きを読むread more

2019年10月26日 寄大橋~雨山峠~玄倉林道~カヤノキ棚沢~鍋割峠~鍋割山~マルガヤ尾根~寄バス停(コラボ)

▲AYさんの山行企画に相乗りしての久しぶりのコラボ。しかもardbegさんとnenetaさんも参加することになったのです。 ▼写真①寄大橋を出発。 ▼写真②すぐに通行止。 ▼写真②-1道路に穴が開いている。 ▼写真②-2舗装の下がごっそりえぐられている。 ▼写真③今度は斜面からの土砂が覆いかぶさっている。 ▼写真④後沢があふ…
コメント:0

続きを読むread more

2019年10月20日 水ノ木幹線林道~織戸沢右岸林道~織戸峠~椿丸~法行沢林道~大又沢幹線林道(単独)

▲今回は、世附周辺での台風の影響はどうなっているだろうかという思いを持ちつつい出かけたのでした。 ▼写真①浅瀬についてびっくり。水があの壁を乗り越えたようだ。そして今も流量が多く流れも速いのでちょっと怖い感じだ。これではしょうがない。計画1は中止で計画2へ変更だな。と言うことで今回は初物無しの被害状況確認の林道周回コースとなったのです…
コメント:0

続きを読むread more

2019年9月27日  法行沢中流域左岸支沢(単独)

▲今回は法行沢中流域左岸の支沢に入ってみることにする。 ▼写真①浅瀬から歩いて法行橋到着。 ▼写真②法行沢林道に入り少し行くと通行止め看板。ゲートはまだ閉められていない。しばらく歩いていると後ろからその工事関係と思われる4台の車両が追い抜いていった。 ▼写真③中法行沢橋に着くと、何やら工事の準備が始まっている。先ほどの車両の人たち…
コメント:0

続きを読むread more

2019年9月14日  小枝沢(単独)

▲先週、小枝沢の脇を通ったので、今回は久しぶりにその小枝沢を歩いてみることにする。久しぶりと言っても今回はもちろん別ルートで。 ▼写真①久しぶりの千鳥橋を通過。 ▼写真②ようやく小枝沢の出合に到着。小枝沢は写真中央で大又沢の対岸にある。わかりづらいですね。 ▼写真③小枝沢に入って行く。 ▼写真④堰堤を右から越えて行く。 写真⑤…
コメント:0

続きを読むread more

2019年9月7日   法行棚沢(単独)

▲大又沢ダムの手前に有り大又沢に出合うのが法行棚沢だ。そこには世附川上流本谷で取水した水を大又沢ダムへ流し込む為の導水路が林道と一緒に法行棚沢を横断している。この導水路の水は一旦、大又沢ダムに溜められ大又沢の水と一緒に丹沢湖の東京電力落合発電所へと送られている。話が横道にそれたが、法行棚沢を横断している導水路の向こうにはかなり高い滝が見…
コメント:0

続きを読むread more

2019年8月24日  地獄沢(単独)

▲午後から用事があるので早帰りできそうなところという事でこれまで行くチャンスが無かった地獄沢に入ってみることにした。 ▼写真①出発は地獄沢橋。 ▼写真②まずは林道を上がって行く。 ▼写真③極楽橋に到着。 ▼写真④橋を渡り極楽橋から地獄沢に降りて行く。 ▼写真⑤いいじゃないか。 ▼写真⑥小滝じゃないか。でも近づくと、意外にも釜…
コメント:0

続きを読むread more

2019年8月17日  河内川水系唐沢~野仙沢(単独)

▲道が混む前に早帰りすれば大丈夫だろうと今回は西丹沢箒沢の河内川水系唐沢と野仙沢を計画。 ▼写真①駐車場裏の道から上がって行く。 ▼写真②箒杉を見ながらさらに上に上がって行く。 ▼写真③ここが唐沢だな。沢はしっかり整備されている。 ▼写真④林道だ。上の林道から降りて来ているんだろう。これで沢の方に降りて行ってみよう。 ▼写真⑤…
コメント:2

続きを読むread more

2019年8月10日  物見沢上流域左岸支沢(単独)

▲この時期遠出は避け、近場の物見沢上流域左岸の支沢にでも入ってみようと思う。 ▼写真①平成の森からスタート。 ▼写真②このルートの方がわずかに体に優しい。 ▼写真③物見峠に到着。ここから唐沢林道へ降りて行く。 ▼写真④唐沢林道。 ▼写真⑤林道を少し歩き目的の沢に到着。 ▼写真⑤-1左岸から入って行く。 ▼写真⑥踏み跡に乗っ…
コメント:2

続きを読むread more

2019年8月3日   法行沢水系井戸沢(単独)

▲久しぶりの山遊びは西丹沢、法行沢水系井戸沢へ。隣の長尾沢には以前は行ったことがあるので今回はその続きという事で。 ▼写真①浅瀬からテクテクと一時間歩きやっと法行橋に到着。▼写真②法行橋のところからショートカットで法行沢林道にあがりテクテクと歩いて来ると右から出合う目的の井戸沢が見えて来る。▼写真②-1さあ、行くか。▼写真③早速滝。▼…
コメント:0

続きを読むread more

2019年7月19日  塔ノ岳

久しぶりのプログアップです。6月から新たにやらなくてはいけない重要なミッションが出来て土日が拘束され、プライベートではお山へ行けない日が続いています。たまにはプログをアップしなければ忘れ去られてしまうかも。ということで本日、別件のミッションで塔ノ岳に寄った時に撮った写真の1枚を、リニューアルされわけがわからなくなってしまったウェブリプロ…
コメント:0

続きを読むread more

2019年5月25日  物見沢上流域(単独)

今回は唐沢林道北側の物見沢上流域支沢を歩いてみようと思う。ところで奈落の底に引きずり込まれそうでちょっと怖いトラバース道があるが、今回はそこを下からはい上がりたいというのが最大の課題なのです。はたしてうまく行くだろうか。 写真① 今日はルートを変えて上がって行く。ここの裏から降りて沢を超えて尾根に取り付く。 写真② 登山…
コメント:0

続きを読むread more

2019年5月19日  丸淵~物見沢支沢~一ノ宮沢支沢(単独)

一度行くとその周辺が気になってくる。今回は丸淵に寄ってから物見沢や一ノ宮沢の支沢を歩いてみることにする。 写真① 水の尻沢の大堰堤。久しぶり。 写真② わぁ、倒木帯になっている。昨年の台風の影響かな。しょうがないここら辺で上がって行くことにしよう。でもここの斜面、かなりの急こう配で下はグズグズでズルズル。しょうがないな。…
コメント:0

続きを読むread more

2019年5月12日  唐沢川水系・風穴沢~枝尾ノ沢(単独)

今回は唐沢川水系の風穴沢と枝尾ノ沢を歩いてみることにした。 写真① 唐沢公園橋を渡り唐沢川へと入って行く。 写真② すぐに魚道付きの堰堤にぶつかる。ここを通り抜けても良いが、風穴沢はこのすぐ上に出合っていて大きな堰堤もあるので左に上がって越えて行く。 写真③ 風穴沢の大堰堤はスリット付きだったので沢に降りて中を通…
コメント:0

続きを読むread more

2019年5月5日   またまた宮ヶ瀬鐘沢で右岸支沢(単独)

まだGW中なので出かけるのであれば近場で車も人も少ないところという事で今回もイージーな計画で宮ヶ瀬鐘沢に行くことに。今回のフォーカスは上流部右岸の支沢。 出発準備をしていると、「EAさんでしょ」と声をかけて来る人が。一瞬誰かと思ったが、おお、M(M□RI)さんじゃないですか。かなりなお久しぶり。プログを見てくれているとの事。お互いの行…
コメント:0

続きを読むread more

2019年4月28日  宮ヶ瀬鐘沢左岸支沢(単独)

再び宮ヶ瀬鐘沢へ。今回は左岸の支沢にフォーカス。 写真① 貯水率59%まで減って来た宮ヶ瀬湖。大丈夫だろうか。 写真② 我慢の歩きで林道終点。宮ヶ瀬鐘沢に入って行く。 写真③ 今回はここから右の支沢に入って行く。 写真④ 地味なのはしょうがない。 写真⑤ ここは左へ。 写真⑥ 炭焼き窯跡。…
コメント:0

続きを読むread more

2019年4月20日  大洞沢界隈(単独)

やはり先週の続きをやろうと決め大洞沢界隈へ行くことにした。 今回の目的は3つ。 ①黒龍尾根・上ノ丸間の登山道(水平道区間)より少し下を通る大洞沢を横切る径路のルート確認 ②大洞橋とその上にある道標(大洞橋~上ノ丸方面)のルート確認 ③唐沢林道にある火打澤隧道名の「火打澤」とはどこかの確認 写真① 今日はここからスタート。…
コメント:0

続きを読むread more

2019年4月13日  大洞沢~金林ノ沢(単独)

いつかは行かなくてはいけないと思っていた大洞沢へ行くことにした。ついでに札掛の金林ノ沢にも入ってみようと思う。 写真① この川、ここら辺は中津川というのだろうか。 写真② 県道70号線から中津川に降りる。使われていない魚道付きの堰堤を越えて行く。 写真③ 布川に入って後ろを振り返る。 写真④ また使われて…
コメント:2

続きを読むread more

2019年4月6日   宮ヶ瀬鐘沢支沢(単独)

かなり久しぶりに宮ヶ瀬鐘沢に行こうと思う。そして面白そうなその支沢を少しだけ歩いて見たい。今回注目したのは、宮ヶ瀬鐘沢右岸に有って詰めて行くとその本流が宮ヶ瀬-丹沢山の登山道のちょっと手前で向きを西北西に変え登山道と並行になって高度を上げて行くという支沢です。 写真① 早戸川橋を渡って宮ヶ瀬鐘沢を目指す。 写真② 宮ヶ瀬…
コメント:0

続きを読むread more

2019年3月30日  ワサビ沢(単独)

過去のコラボで行くチャンスはあったのだが、都合が悪く参加できなかった。という事で、今回ようやくそのワサビ沢に入ってみることにした。 写真① ワサビ沢の方に入って行く。 写真② ワサビ沢右岸の堰堤工事用道路跡と思われるところを上流に向かって進む。 写真③ 道路跡はすぐになくなったが、右岸をどんどん進んで堰堤群を巻い…
コメント:0

続きを読むread more

2019年3月24日  小丸ノ沢(単独)

前回の山行で林道から見えた崩壊地が気になったが、今回はその崩壊地があると思われる小丸ノ沢に入ってみようと思う。 写真① 前回降りて来たルートを逆にたどり小丸ノ沢に入って行く。 写真② 左隣の沢からは水が流れて来ているが、この小丸ノ沢には流れている水は見えない。が、岩は湿っている。 写真③ 二俣。左へ入って行く。 …
コメント:0

続きを読むread more

2019年3月15日  大栃ノ沢、他(単独)

少し間が空いてしまったが、今回は弁天沢の東隣にある大栃ノ沢とそのまた隣の沢に入ってみることにした。なお、沢名はイガイガさんプログからの情報を利用させていただきました。 写真① 林道から塩水川に降りる。堰堤のすぐ上に大栃ノ沢の出合が見える。 写真② 出合から見上げる大栃ノ沢。水の流れは見えない。 写真③ 出合を振り…
コメント:0

続きを読むread more

2019年2月24日  弁天沢最終回(単独)

これまで何回か歩いて来た弁天沢だが本流からのまだ歩いていない支沢がまだ2本残っている。今回それらを歩ければ弁天沢主支沢完歩となる。うまく行くでしょうか。アプローチは弁天尾根側から弁天沢に入る計画だ。 写真① 弁天尾根を上がってくると倒木帯だ。 写真② 弁天沢に降りて行く尾根へトラバースでショートカット。 写真③ …
コメント:0

続きを読むread more

2019年2月16日  金山沢経由タカノス沢(単独)

塩水川水系弁天沢の支流の一つで唯一(たぶん)沢名が付いているタカノス沢に入ってみようと思う。わざわざ沢名がついているという事は特別な何かがあるのだろうか。アプローチは金山沢経由だ。 写真① 金山沢に入ってすぐの小滝と堰堤。 写真② 金山沢らしい様相が始まる。 写真③ ここは巻いたと思うがどう巻いたかは忘れてしまっ…
コメント:0

続きを読むread more

2019年2月2日   東沢本棚沢(コラボ)

今回はKNさんと初コラボ。以前より東沢本棚沢へ行きましょうと約束していた。3日前の夜に雪が降ったが、大した降雪ではなさそうなので中止等の話は無くそのまま実行へ。 写真① まずは登山道から入る。 写真② 途中で登山道を外れ林道に降りる。 写真③ 棚沢橋までテクテクと歩いて来ました。 写真④ 橋のあっちとこっ…
コメント:0

続きを読むread more

2019年1月27日  ケヤキ沢~弁天沢右俣(単独)

前々回の山行で弁天沢奥の左俣右俣に入ったが、まだ入っていない支流が残っている。今回は前回の少し下流の右俣を詰めてみたい。アプローチは本間ノ頭の南東尾根で上がっても良いのだが、金山沢(桶小屋沢)支流のまだ入ったことのないケヤキ沢から本間ノ頭南東尾根の途中に上がり本間ノ頭の南南東尾根を下降して二俣まで降りて行こうと思う。 写真① 法…
コメント:0

続きを読むread more

2019年1月13日  檜洞丸(単独)

昨夜降ったかもしれない雪の具合を見に檜洞丸に行って来た。 写真① 西丹沢ビジターセンター周辺には雪なし。まずは良い子道の登山道に入って行く。 写真② 途中から登山道を外れ林道へ向かう。 写真③ 林道も雪なし。 写真④ 棚沢橋には駐車中の車1台。 写真⑤ ここから登山道へ上がって行く。 写真⑥…
コメント:0

続きを読むread more

2019年1月4日   弁天沢奥の左俣~無名ノ頭~弁天沢奥の右俣~本間ノ頭(単独)

県道70号線は山側と川側の崩落により長らく通行止めが続いていたが昨年12月26日に通行止めが解除された。今年の初山行はその県道70号線の通行止めだった個所を通って塩水橋まで行き、塩水川支流の弁天沢に入ってみようと思う。久々の東丹沢だ。 写真① 弁天沢にはその出合から入るつもりでいたのだが林道を歩いて来て弁天杉が見えた途端気が変わ…
コメント:0

続きを読むread more

2018年12月29日 法行沢水系「長尾沢」~大又沢ダム~法行沢大滝(単独)

ここのところモロクボ沢に偏っていたので久しぶりに法行沢方面へでも行ってみようと思う。地形図を眺めてどこにしようか考えていると長尾沢と井戸沢あたりのまだ行けてない山行空白域に目が留まる。じゃあ、という事で長尾沢か井戸沢で決定。アプローチ長いのでどこまで歩けるかな。 写真① テクテク歩いて法行沢橋着。橋から見ると法行沢に水が無い。こ…
コメント:0

続きを読むread more

2018年12月21日 唐棚沢~善六ノタワ~モロクボ沢支沢~畦ヶ丸~下棚沢左岸尾根(単独)

先週の山行で帰路ルート探しで少しだけ入ったモロクボ沢の支沢が気になっている。なだらかな傾斜でずっと奥まで続いていそうな右俣はどうなっているのだろうか。早速、山行ルートを検討する。アプローチは唐棚沢で上がって行き、それからモロクボ沢に下降して行こう。 写真① 西丹VCから西沢沿いの登山道を歩いて、ここは登山道が下唐棚沢沿いに上がっ…
コメント:0

続きを読むread more

2018年12月15日 モロクボ沢支沢(単独)

モロクボ沢には何回か入ったことはあるが、その支沢や枝沢はというとまだ入ったことが無いところも多い。今回はシャガクチ丸・バン木ノ頭・モロクボ沢ノ頭間の県境尾根登山道とモロクボ沢間のモロクボ沢支沢を歩いてみようと思う。昼間の時間が少ないこの時期、どこまで歩けるだろうか。とにかく行ってみよう。 写真① 用木沢出合の駐車スペースに車を止…
コメント:2

続きを読むread more

2018年12月8日  西丹沢VC~焼山沢~下唐棚沢~唐棚沢~善六山(単独)

今回は先日の西沢左岸の沢「小山沢」の第二段で焼山沢と下唐棚沢、唐棚沢に行くことにした。うまく行くかな。 写真① 西沢沿いに登山道を歩いて二つ目の堰堤を坂道を上がって越えると右から出合うのが焼山沢。 写真② 右にカーブするとすぐに最初の小滝。左側のトラロープで越えて行く。 写真③ 次の小滝も右側にあるトラロープで越…
コメント:0

続きを読むread more

2018年12月1日  書策新道~本谷~本谷金冷シ沢界尾根~塔ノ岳~源次郎尾根(コラボ)

M君とのコラボを決めたのだが、さてどこがいいのかと考え込んでしまった。まだ行っていない蛭ヶ岳がいいのだがこの時期、明るいうちに帰って来られないし一泊は嫌がるのでNG。じゃあ、というので塔ノ岳にしようと考えた。しかし以前に行ったのと同じルートでは面白くないので、塔ノ岳山頂へ最短ルートで行ける戸沢からのルート(書策新道~本谷~本谷・金冷シ沢…
コメント:0

続きを読むread more

2018年11月24日 西丹沢VC~小山沢左俣&右俣(単独)

西丹沢にある西沢左岸の沢が何本かあるがまだ入ったことが無かった。なので今回はその中の小山沢に入ってみることにした。まあ大したことはないだろうと思っていたが、なんと悪戦苦闘の沢だったのです。 写真① 小山沢出合に到着。小山沢には水は流れていない。 写真② 入ってすぐ左へカーブしたところにある最初の小滝(涸棚)。右壁にトラロ…
コメント:0

続きを読むread more