2019年5月25日  物見沢上流域(単独)

今回は唐沢林道北側の物見沢上流域支沢を歩いてみようと思う。ところで奈落の底に引きずり込まれそうでちょっと怖いトラバース道があるが、今回はそこを下からはい上がりたいというのが最大の課題なのです。はたしてうまく行くだろうか。 写真① 今日はルートを変えて上がって行く。ここの裏から降りて沢を超えて尾根に取り付く。 写真② 登山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年5月19日  丸淵~物見沢支沢~一ノ宮沢支沢(単独)

一度行くとその周辺が気になってくる。今回は丸淵に寄ってから物見沢や一ノ宮沢の支沢を歩いてみることにする。 写真① 水の尻沢の大堰堤。久しぶり。 写真② わぁ、倒木帯になっている。昨年の台風の影響かな。しょうがないここら辺で上がって行くことにしよう。でもここの斜面、かなりの急こう配で下はグズグズでズルズル。しょうがないな。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年5月12日  唐沢川水系・風穴沢~枝尾ノ沢(単独)

今回は唐沢川水系の風穴沢と枝尾ノ沢を歩いてみることにした。 写真① 唐沢公園橋を渡り唐沢川へと入って行く。 写真② すぐに魚道付きの堰堤にぶつかる。ここを通り抜けても良いが、風穴沢はこのすぐ上に出合っていて大きな堰堤もあるので左に上がって越えて行く。 写真③ 風穴沢の大堰堤はスリット付きだったので沢に降りて中を通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年5月5日   またまた宮ヶ瀬鐘沢で右岸支沢(単独)

まだGW中なので出かけるのであれば近場で車も人も少ないところという事で今回もイージーな計画で宮ヶ瀬鐘沢に行くことに。今回のフォーカスは上流部右岸の支沢。 出発準備をしていると、「EAさんでしょ」と声をかけて来る人が。一瞬誰かと思ったが、おお、M(M□RI)さんじゃないですか。かなりなお久しぶり。プログを見てくれているとの事。お互いの行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年4月28日  宮ヶ瀬鐘沢左岸支沢(単独)

再び宮ヶ瀬鐘沢へ。今回は左岸の支沢にフォーカス。 写真① 貯水率59%まで減って来た宮ヶ瀬湖。大丈夫だろうか。 写真② 我慢の歩きで林道終点。宮ヶ瀬鐘沢に入って行く。 写真③ 今回はここから右の支沢に入って行く。 写真④ 地味なのはしょうがない。 写真⑤ ここは左へ。 写真⑥ 炭焼き窯跡。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年4月20日  大洞沢界隈(単独)

やはり先週の続きをやろうと決め大洞沢界隈へ行くことにした。 今回の目的は3つ。 ①黒龍尾根・上ノ丸間の登山道(水平道区間)より少し下を通る大洞沢を横切る径路のルート確認 ②大洞橋とその上にある道標(大洞橋~上ノ丸方面)のルート確認 ③唐沢林道にある火打澤隧道名の「火打澤」とはどこかの確認 写真① 今日はここからスタート。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年4月13日  大洞沢~金林ノ沢(単独)

いつかは行かなくてはいけないと思っていた大洞沢へ行くことにした。ついでに札掛の金林ノ沢にも入ってみようと思う。 写真① この川、ここら辺は中津川というのだろうか。 写真② 県道70号線から中津川に降りる。使われていない魚道付きの堰堤を越えて行く。 写真③ 布川に入って後ろを振り返る。 写真④ また使われて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2019年4月6日   宮ヶ瀬鐘沢支沢(単独)

かなり久しぶりに宮ヶ瀬鐘沢に行こうと思う。そして面白そうなその支沢を少しだけ歩いて見たい。今回注目したのは、宮ヶ瀬鐘沢右岸に有って詰めて行くとその本流が宮ヶ瀬-丹沢山の登山道のちょっと手前で向きを西北西に変え登山道と並行になって高度を上げて行くという支沢です。 写真① 早戸川橋を渡って宮ヶ瀬鐘沢を目指す。 写真② 宮ヶ瀬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年3月30日  ワサビ沢(単独)

過去のコラボで行くチャンスはあったのだが、都合が悪く参加できなかった。という事で、今回ようやくそのワサビ沢に入ってみることにした。 写真① ワサビ沢の方に入って行く。 写真② ワサビ沢右岸の堰堤工事用道路跡と思われるところを上流に向かって進む。 写真③ 道路跡はすぐになくなったが、右岸をどんどん進んで堰堤群を巻い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年3月24日  小丸ノ沢(単独)

前回の山行で林道から見えた崩壊地が気になったが、今回はその崩壊地があると思われる小丸ノ沢に入ってみようと思う。 写真① 前回降りて来たルートを逆にたどり小丸ノ沢に入って行く。 写真② 左隣の沢からは水が流れて来ているが、この小丸ノ沢には流れている水は見えない。が、岩は湿っている。 写真③ 二俣。左へ入って行く。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年3月15日  大栃ノ沢、他(単独)

少し間が空いてしまったが、今回は弁天沢の東隣にある大栃ノ沢とそのまた隣の沢に入ってみることにした。なお、沢名はイガイガさんプログからの情報を利用させていただきました。 写真① 林道から塩水川に降りる。堰堤のすぐ上に大栃ノ沢の出合が見える。 写真② 出合から見上げる大栃ノ沢。水の流れは見えない。 写真③ 出合を振り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年2月24日  弁天沢最終回(単独)

これまで何回か歩いて来た弁天沢だが本流からのまだ歩いていない支沢がまだ2本残っている。今回それらを歩ければ弁天沢主支沢完歩となる。うまく行くでしょうか。アプローチは弁天尾根側から弁天沢に入る計画だ。 写真① 弁天尾根を上がってくると倒木帯だ。 写真② 弁天沢に降りて行く尾根へトラバースでショートカット。 写真③ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年2月16日  金山沢経由タカノス沢(単独)

塩水川水系弁天沢の支流の一つで唯一(たぶん)沢名が付いているタカノス沢に入ってみようと思う。わざわざ沢名がついているという事は特別な何かがあるのだろうか。アプローチは金山沢経由だ。 写真① 金山沢に入ってすぐの小滝と堰堤。 写真② 金山沢らしい様相が始まる。 写真③ ここは巻いたと思うがどう巻いたかは忘れてしまっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年2月2日   東沢本棚沢(コラボ)

今回はKNさんと初コラボ。以前より東沢本棚沢へ行きましょうと約束していた。3日前の夜に雪が降ったが、大した降雪ではなさそうなので中止等の話は無くそのまま実行へ。 写真① まずは登山道から入る。 写真② 途中で登山道を外れ林道に降りる。 写真③ 棚沢橋までテクテクと歩いて来ました。 写真④ 橋のあっちとこっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年1月27日  ケヤキ沢~弁天沢右俣(単独)

前々回の山行で弁天沢奥の左俣右俣に入ったが、まだ入っていない支流が残っている。今回は前回の少し下流の右俣を詰めてみたい。アプローチは本間ノ頭の南東尾根で上がっても良いのだが、金山沢(桶小屋沢)支流のまだ入ったことのないケヤキ沢から本間ノ頭南東尾根の途中に上がり本間ノ頭の南南東尾根を下降して二俣まで降りて行こうと思う。 写真① 法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年1月13日  檜洞丸(単独)

昨夜降ったかもしれない雪の具合を見に檜洞丸に行って来た。 写真① 西丹沢ビジターセンター周辺には雪なし。まずは良い子道の登山道に入って行く。 写真② 途中から登山道を外れ林道へ向かう。 写真③ 林道も雪なし。 写真④ 棚沢橋には駐車中の車1台。 写真⑤ ここから登山道へ上がって行く。 写真⑥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年1月4日   弁天沢奥の左俣~無名ノ頭~弁天沢奥の右俣~本間ノ頭(単独)

県道70号線は山側と川側の崩落により長らく通行止めが続いていたが昨年12月26日に通行止めが解除された。今年の初山行はその県道70号線の通行止めだった個所を通って塩水橋まで行き、塩水川支流の弁天沢に入ってみようと思う。久々の東丹沢だ。 写真① 弁天沢にはその出合から入るつもりでいたのだが林道を歩いて来て弁天杉が見えた途端気が変わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年12月29日 法行沢水系「長尾沢」~大又沢ダム~法行沢大滝(単独)

ここのところモロクボ沢に偏っていたので久しぶりに法行沢方面へでも行ってみようと思う。地形図を眺めてどこにしようか考えていると長尾沢と井戸沢あたりのまだ行けてない山行空白域に目が留まる。じゃあ、という事で長尾沢か井戸沢で決定。アプローチ長いのでどこまで歩けるかな。 写真① テクテク歩いて法行沢橋着。橋から見ると法行沢に水が無い。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年12月21日 唐棚沢~善六ノタワ~モロクボ沢支沢~畦ヶ丸~下棚沢左岸尾根(単独)

先週の山行で帰路ルート探しで少しだけ入ったモロクボ沢の支沢が気になっている。なだらかな傾斜でずっと奥まで続いていそうな右俣はどうなっているのだろうか。早速、山行ルートを検討する。アプローチは唐棚沢で上がって行き、それからモロクボ沢に下降して行こう。 写真① 西丹VCから西沢沿いの登山道を歩いて、ここは登山道が下唐棚沢沿いに上がっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年12月15日 モロクボ沢支沢(単独)

モロクボ沢には何回か入ったことはあるが、その支沢や枝沢はというとまだ入ったことが無いところも多い。今回はシャガクチ丸・バン木ノ頭・モロクボ沢ノ頭間の県境尾根登山道とモロクボ沢間のモロクボ沢支沢を歩いてみようと思う。昼間の時間が少ないこの時期、どこまで歩けるだろうか。とにかく行ってみよう。 写真① 用木沢出合の駐車スペースに車を止…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018年12月8日  西丹沢VC~焼山沢~下唐棚沢~唐棚沢~善六山(単独)

今回は先日の西沢左岸の沢「小山沢」の第二段で焼山沢と下唐棚沢、唐棚沢に行くことにした。うまく行くかな。 写真① 西沢沿いに登山道を歩いて二つ目の堰堤を坂道を上がって越えると右から出合うのが焼山沢。 写真② 右にカーブするとすぐに最初の小滝。左側のトラロープで越えて行く。 写真③ 次の小滝も右側にあるトラロープで越…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年12月1日  書策新道~本谷~本谷金冷シ沢界尾根~塔ノ岳~源次郎尾根(コラボ)

M君とのコラボを決めたのだが、さてどこがいいのかと考え込んでしまった。まだ行っていない蛭ヶ岳がいいのだがこの時期、明るいうちに帰って来られないし一泊は嫌がるのでNG。じゃあ、というので塔ノ岳にしようと考えた。しかし以前に行ったのと同じルートでは面白くないので、塔ノ岳山頂へ最短ルートで行ける戸沢からのルート(書策新道~本谷~本谷・金冷シ沢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年11月24日 西丹沢VC~小山沢左俣&右俣(単独)

西丹沢にある西沢左岸の沢が何本かあるがまだ入ったことが無かった。なので今回はその中の小山沢に入ってみることにした。まあ大したことはないだろうと思っていたが、なんと悪戦苦闘の沢だったのです。 写真① 小山沢出合に到着。小山沢には水は流れていない。 写真② 入ってすぐ左へカーブしたところにある最初の小滝(涸棚)。右壁にトラロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年11月11日 ヌタ小屋沢(単独)

今回は以前より行きたかった河内川(中川川)上流の白石沢支流のヌタ小屋沢へ行こうと思う。さらに以前よりやりたかった洗車もしたい。今日は両方の実現に向けて頑張ろう。 写真① 用木沢出合に車を止め、林道と登山道をテクテク歩いて二俣一括堰堤のところまで来た。右俣は白石沢本流で左俣がこれから入るヌタ小屋沢だ。 写真② そしてヌタ小…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018年11月3日  石棚沢~石棚山~ブナノ平~遠見山~大仏大橋(コラボ)

今回は、AYさんとのコラボで西丹沢VCから石棚沢を上がり、時間があれば石棚山から大杉山、遠見山経由で丹沢湖まで降りる計画。AYさんおすすめの紅葉見物のルートだ。シーズンでもあり祭日なので人出が多そうなので早目の電車で新松田へ。おかげで新松田からは始発前の臨時バスに乗ることが出来た。 写真① 西丹沢ビジターセンターを出発して東沢に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年10月28日 寄大橋~旧鍋割峠~熊木沢~日影沢左岸尾根~棚沢ノ頭~丹沢山~宮ヶ瀬(コラボ)

先週に引き続き、AYさんとardbegさんとコラボに出かけることになった。寄から熊木沢に入り、以前熊木沢から棚沢ノ頭に登った尾根の隣の尾根で棚沢ノ頭に登り、帰路は登ってから決めるとの事。でも、たぶん宮ヶ瀬に抜けるんだろうな。 写真① 寄を出発して寄越場沢の旧登山道に入る。 写真② 沢から旧登山道の径路に乗って上がって行く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018年10月20日 西丹沢VC~下棚沢左岸尾根~城ヶ尾峠~地蔵平~二本杉峠~細川橋(コラボ)

本日はAYさん、ardbegさんとの3人コラボで西丹VCから畦ヶ丸、城ヶ尾峠、地蔵平、二本杉峠経由で細川橋までちょっとロングな山行をやることになりました。健脚なお二人について行けるかな... 写真① これから先の外れていた木橋はすべて架け直されていた。 写真② まずは下棚見物。 写真③ そして本棚と涸棚見物。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年10月7日  崩レノ沢(ザレノ沢)~篠大慈沢(単独)

大変そうだという事で今までちょっと敬遠して来た崩レノ沢(堰堤銘板ではザレノ沢)に行く気になって来た。ついでに篠大慈沢にも寄って行こう。 写真① 用木沢出合からここまで5ヶ所の丸太橋は外れているか傾いているかでどれも渡ることは出来ない。自分は沢靴なので何の問題もない。 写真② 登山道は左に上がって行くが、直進してザレノ沢に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018年9月23日  大又沢水系笹子沢右俣~同沢左俣右俣左俣~同沢左俣左俣(単独)

以前、大又沢水系の笹子沢に入ったことがあるが、左俣に入り、次の二俣で右俣に入りその先の二俣で右俣に入り、滝に阻まれ敗退してしまった。笹子沢と言う名の沢は中川水系にもあるが、そちらの方は一気に3支沢を歩いている。なので、大又沢水系笹子沢の他の支沢も今回、リベンジの意も有り一気にやっつけてしまおうと計画したのです。 写真① 笹子沢に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018年9月9日   笹小屋沢~三郎次沢~栃原排砂口(単独)

前回の山行では世附川の本谷から大又沢ダムへ水を送るための導水路(トンネル)の排砂口(三郎治沢にあると思われる栃原排砂口)を見つけることが出来なかった。家に帰って少し考えたら見つからなかった原因がすぐにわかった。要は大ボケをやってしまったのです。前回、地形図に書かれている導水路(トンネル)が三郎次沢を横切る時点付近を探したのだが、実際の導…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018年8月17日  大又沢水系三郎次沢~クマ沢枝沢(単独)

今回は以前より大又沢幹線林道を歩いていて気になっていたところを起点終点としたルートを歩いてみようと思う。 写真① ここが以前より気になっていたところの一つ。林道から沢の上流を見上げるとちょっとひしゃげたビデーの階段が見える。 写真①-1 栃原排砂口入口という看板がある。そう、ここは世附川の上流の本谷にあるダムから大又沢ダ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

2018年8月11日  モロクボ沢~越場ノ沢~善六山(コラボ)

久しぶりにM君とのコラボが成立し、モロクボ沢のショートハイクに行って来ました。 写真① 林道歩きが嫌いのM君。大して長いアプローチではないにもかかわらず「沢はまだなの?」を繰り返す。 写真② 楽しそう。 写真③ 大滝に到着。やはり水量多いな。 写真③-1 迫力ありすぎでこれ以上は滝に近づけない。滝壺にも入…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018年8月4日   源太罠場沢(単独)

今回は、以前少しだけ下流域を歩いたことのある源太罠場沢だ。先月7月は種々都合によりあまりお山に行くことが出来なかった。少々運動不足かも。さらに連日の酷暑で若干の睡眠不足。用木沢出合に到着したがやはり少々眠い。でも行くとしよう。 写真① 源太罠場沢出合到着。今朝はちょっと足取りが重い。既に暑い。なるべく水の中を歩いて行こう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年7月21日  早戸川~原小屋沢~榛ノ木丸(コラボ)

今回は久しぶりの早戸川方面、しかもコラボなのです。 写真① 本間橋の駐車余地に車を止めテクテク歩いてここは造林小屋。そうなんです、今回はM-Kさんとのコラボなのです。 写真①-1 小屋の傾きはさらに増してきているようだ。 写真② 新たに桟道が架けられているが以前の梯子よりさらに微妙。 写真③ 第一渡渉点の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年7月8日   手沢右俣&左俣(単独)

今回は遅ればせながらなぜか未踏の手沢に入ってみようと思う。いつかは歩いてみようと思ってはいたがなかなか行く機会が無かったのです。 写真① 車を止めた用木沢出合から歩いてすぐに手沢。手沢橋から最初の堰堤が見える。 写真② 最初の堰堤を左から越えて行くとまもなく2番目の堰堤が見えてくる。ここは堰堤の左端に設置されているステッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年6月30日  モロクボ沢~キメ岸沢~水晶沢(単独)

モロクボ沢水系の水晶沢には2012年8月と2016年6月に入ったことがある。今回久しぶりに水晶沢に入りまだ歩いていないところをいろいろ歩いてみたい。 写真① まずはモロクボ沢に入る。そして久しぶりの大滝。 写真② モロクボ沢のいいところを楽しむ。 写真③ ここでモロクボ沢の本流を離れ右俣の水晶沢へと入って行く。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018年6月17日  本棚沢左岸枝沢~下棚沢枝沢左俣(単独)

今回は西沢水系本棚沢左岸にある3本の枝沢に入ってみようと思う。どれも短い沢だがどうなっているのだろうか。 写真① まずは本棚を見て行く。小雨だがその内止むだろう。 写真② 巻き道を使って本棚沢に入る。倒木の架かる滝はまだ健在だ。 写真③ 二俣に来た。ここで最初の枝沢の右俣に入って行く。 写真④ ざらざらの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年6月2日   下ノ権現沢~権現沢~上ノ権現沢~大石沢(単独)

権現山(前権現)と西沢の間に「下ノ権現沢」「権現沢」「上ノ権現沢」という3つの権現沢がある。今回はこれら3本の権現沢を歩こうと思う。どれも短い沢なので出来れば1日で3本ともやっつけたい。でも短いからと言って短時間で歩けるとは限らない。順番はまず下ノ権現沢、続いて権現沢、最後に上ノ権現沢という予定だが、権現沢から降りてきた時点で12時前後…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018年5月26日  下棚沢枝沢~鬼石沢枝沢~マスキ嵐沢右岸&左岸尾根~権現山(単独)

前回の山行で下棚沢へ降りたところの枝沢が気になっていた。今回はそこを歩いて新十字路に上がり、前回ルートを確認した径路(仕事道)に入ってみようと思う。あとはその近辺で気になっているところも少し歩いてみたい。 写真① 西丹沢ビジターセンター近くに車を止め、ここは下棚沢へ少し入ったところ。下棚沢へは左岸尾根の巻き道で入って行く。下棚沢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年5月20日  鬼石沢左岸&左俣&右俣~下棚沢右岸(単独)

鬼石沢を遡行したのは2012年9月だった。その時は奥の二俣を本流ではない右俣に入り、さらにその途中で枝沢に入り込み行き止まってしまい、やっとのことで畦ヶ丸南東尾根に這い上がったのだ。なので失敗だったのです。いつかそのリベンジをしなくてはとずっと思っていた。一方、これもかなり以前のことだが畦ヶ丸南東尾根で権現山へ向かう途中下棚沢方向へ向か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018年5月12日  赤沢の奥の左俣~城ヶ尾峠~信玄平~白石歩道?~道志歩道~屏風岩山(単独)

地蔵平から上流の名の付く沢はほとんど入ったように思うが、その支沢まで広げるとまだまだ入っていない沢が多い。という事で、今回は赤沢の奥の三俣の左俣で城ヶ尾峠に詰め上げてみようと思う。アプローチは裏からではなく、大滝橋奥の毎度のところを起点としてなるべくまだ歩いていないところを選んだルートを計画。うまくたどり着くことが出来るだろうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年5月5日   屏風岩山~地蔵平・畦ヶ丸尾根~畦ヶ丸避難小屋~鬼石沢鬼石(単独)

前回の地獄棚沢で滝場帯を過ぎて右俣に入ったが、その時に沢を横断しているはずの下の水平径路を確認するのを忘れていたのでその再確認をしようと思う。さらに先日の4月21日の山行で地蔵平への下降時に見た地蔵平から畦ヶ丸へ上がって行く良さげに見えた尾根だが、まだ通して歩いたことが無いので今回はその地蔵平・畦ヶ丸尾根(仮称)も歩いてみることにする。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年5月1日   地獄棚沢(単独)

今回はショートなルートがいいな、ということで地獄棚沢(地獄沢)に入ってみることにした。 写真① 地獄棚。今日はここから始まりです。とは言っても右の垂直な斜面から危ない巻きをするのではなく、少し戻って旧径路で巻きます。 写真② 地獄棚の落ち口に降りて来ました。ここに下降する旧径路からの入り口は何と無しに分かったがほぼ垂直な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年4月29日  藤嵐沢~権現山(前権現)~コタン沢(単独)

ナメ滝が続き権現山(前権現)に詰め上がる藤嵐沢へ行ってみることにした。そして権現山からの下降は地形図でははっきりとした尾根がない権現山の南東側領域で唐沢の界尾根に下降してみたい。 写真① アクセス抜群。スタートして30秒も経たずして藤嵐沢の橋に到着。まずは右岸尾根で上がって行く。 写真② 二つ目の二俣で沢に降りる。そして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年4月21日  沖箱根屋沢~屏風岩山~地蔵平~東沢左俣&右俣(単独)

沖箱根屋沢の右岸左岸両尾根は歩いたことがあるが、肝心の沖箱根屋沢はまだ歩いたことが無かった。なので今回はその沖箱根屋沢を歩いてみることにする。ついでに地蔵平まで降りて東沢にも入ってみることにする。 写真① マスキ嵐沢の出合で大滝沢に降りる。 写真② すぐに沖箱根屋沢の出合に到着。ちょっと奥にF1が見える。 写真③ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018年4月14日  奥野歩道~水晶沢~戸沢~忘路峠(単独)

今まで行きそびれていた地蔵沢上流の水晶沢へ行ってみることにした。ついでに戸沢左俣で忘路峠(犬峠)にも上がってみようと思う。水晶沢へはかなり久しぶりの奥野歩道(旧東海自然歩道)で行こうと思うが、うまく歩けるだろうか。 写真① まずは登山道で一軒屋避難小屋を通過。 写真② 二俣。登山道は左の尾根に上がって行くが、今回は正面の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年4月8日   イデイリ沢(単独)

今回はイデイリ沢。もちろん初なのです。 写真① 少し離れたここから入って行きます。 写真② 道が終わると広場が有り、その先にさらさらと流れるイデイリ沢が有ります。 写真③ すぐにどでかい堰堤が出て来る。ここは左の階段から巻きます。 写真④ 最初の滝が出てきた。左から巻いて超える。 写真⑤ またどで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年4月1日   中川川水系悪沢~箱根屋沢(単独)

先週と同じ中川川水系にある悪沢と箱根屋沢へ行くことにした。両沢とも初めてなのです。ようやくなのです。 写真① 割沢橋から出発。 写真② 最初の滝。上に堰堤がある。巻きルートはしっかりした鉄の道が左についている。 写真③ 階段付き堰堤。 写真④ 次の滝。左の巻き道で越えて行く。 写真⑤ なんだ、次の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年3月25日  中川川水系笹子沢3本(単独後即席コラボ)  

Vの先輩方にだいぶ遅れてだが、自分もようやく笹子沢に行こうと決めたのです。さらにせっかく行くのだから本流以外にも笹子沢の目立つ支沢や界尾根も歩いてみることにしよう。 写真① 出発するとすぐにカモシカがお出迎え、と言いたいところだが、4つ足で立ってはいるものの全身にふるえが有りヨタヨタしている。近づいても逃げない。いや、逃げたいの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2018年3月18日  上の山P~大滝で出合う悪沢の支沢~悪沢サイフォン水路~水ノ木~山神峠(単独)

最近同じようなところばっかりだが、今回は世附の奥の水ノ木まで足を延ばしていくつかのポイントに行ってみようと思う。 まずは林道のゲートのところに設置されているこの工事の看板に書かれている悪沢サイフォン水路の工事の状況を見に行くのです。工事期間は今月の3月23日までだがもう完成している頃だと思う。 写真① 悪沢サイフォン水路は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more