2015年3月8日   四十八瀬川系本沢~ミズヒ沢(コラボ)

画像何が面白いのだろうと普通の人たちには理解されないコースを楽しんできた。メンバーはM-Kさん、YAMさん、そしてEAの3名。









画像
写真①
実はここに来たのは初めてなのです。












画像
写真②
今は廃墟の登山訓練所。久しぶりだ。












画像
写真③
登山道を歩いて行くと右から本沢が合流してくる。今日はこの本沢へ入って行く。











画像
写真④
まずは堰堤越えから。












画像
写真⑤
ここから本沢を離れて右のこの尾根を上がって行くのだが、正面の枝沢の右の左岸尾根から行きましょうと誰かが言いだした。アンビリーバボー、なんてこった。でも、まあこれもありかな。








画像
写真⑥
何とか上がって来て、今度は沢に降りて向こうの斜面を上がって行くのだ。











画像
写真⑥-1
そしてお決まりの急斜面。でも喘ぎながら登るも楽しいのです。











画像
写真⑦
そして、秘密のヘリポートとある人々が言っている場所に着いた。確かに整地してあるが、実際は堰堤工事のための何かであろうと思われる。










画像
写真⑦-1
下にかつては堰堤湖と呼ばれ綺麗な紺碧の湖があったそうだが、今はガレで埋まってしまっている。











画像
写真⑧
本沢に戻りさらに上を目指す。












画像
写真⑨
おお、フラダンスの木だ。かつての地面はむき出しの根っこの上にあったのだろう。











画像
写真⑩
二俣に来た。右に入ると大滝があるという。












画像
写真⑪
なるほど見事な大滝だ。ひとしきり観賞する。












画像
写真⑪-1
観賞を終え、本沢へ戻って行く。












画像
写真⑫
本沢も様相が変わって来た。ここで沢を離脱し右岸尾根を上がって行くこととなった。











画像
写真⑫-1
取り付きは急だが、特に危ないことはなかったと思う。












画像
写真⑫-2
急登は続くのだ。

















画像
写真⑬
遠景を楽しむ。












画像
写真⑭
マルガヤ尾根に合流。今度はミズヒ沢へ降りましょうとなった。マルガヤ尾根を横断し、ちょうど良い尾根に向けて下降して行く。










画像
写真⑮
まずは迫力の崩壊地がお出迎え。












画像
写真⑯
痩せ尾根といくつかのピークを越えて下って来た。振り返って後ろを見る。これ以上は急でロープを出さなければならない。が、面倒くさいので少し戻って泥の斜面から沢に降りて行く。














画像
写真⑯-1
降りてしまえばもう安心。かな?












画像
写真⑰
ミズヒ沢と合流。こんなところに炭焼き窯の跡がある。












画像
写真⑱
ミズヒ沢を下って行く。












画像
写真⑲
滝を巻くためいったん尾根に上がって行く。












画像
写真⑳
やっと下って来ました。












画像
写真⑳-1
そしてこれがミズヒの大滝。これもなかなか迫力がある。

















画像
写真⑳-2
滝壺のところまで上がって行き、戻る時が少々いやらしかった。

















画像
写真⑳-3
あとは踏み跡をだどって行けば登山道と合流だ。












マルガヤ尾根や訓練尾根はこれまで上り下りしたことはあるが、その周辺は今回が初めて。本沢とミズヒ沢のそれぞれの大滝も迫力が有り良かった。秘密のヘリポートも見たし、埋まった堰堤湖も見れた。皆さん、ありがとうございました。またどこか楽しい山行へ行きましょう。

この記事へのコメント