2018年3月25日  中川川水系笹子沢3本(単独後即席コラボ)  

画像Vの先輩方にだいぶ遅れてだが、自分もようやく笹子沢に行こうと決めたのです。さらにせっかく行くのだから本流以外にも笹子沢の目立つ支沢や界尾根も歩いてみることにしよう。

画像
写真①
出発するとすぐにカモシカがお出迎え、と言いたいところだが、4つ足で立ってはいるものの全身にふるえが有りヨタヨタしている。近づいても逃げない。いや、逃げたいのだろう一応警戒のポーズはとってはいるが足が動かず逃げられないようだ。かわいそうだがどうしようもない。成り行きに任すことにしよう。

画像
写真②
この川沿いの道で笹子沢に入って行く。

画像
写真③
道の終点には大きな岳山堰堤がある。ここをくぐって沢に入って行く。

画像
写真④
地形図通りなだらかな流れだ。

画像
写真⑤
そうは言っても堰堤が出てきた。右の歩道に乗って越えて行く。

画像
写真⑥
幅広の堰堤だ。右から簡単に越えられる。ここら辺までは遊歩道のようだ。

画像
写真⑦
ここは広い平らな二俣。まずはこの左俣で二本杉峠を目指す。1本目。

画像
写真⑧
ここも等高線は緩やかなのです。

画像
写真⑨
おっ、滝の岩床の上に堰堤だ。まあ、滝と言うほどではなく簡単に登れる。上の堰堤も堰堤の右の付け根の崩壊土砂のところを登って簡単に越えられる。

画像
写真⑩
この二俣は左へ。

画像
写真⑪
終わりが見えて来た。徐々に勾配が増してくる。

画像
写真⑫
二本杉峠に上がって来ました。さすがに詰めはきつかったなあ。

画像
写真⑬
下りの尾根へはトラバースで。

画像
写真⑭
先ほどの二俣に向けて界尾根を下降中。

画像
写真⑮
二俣まで降りて来ました。

画像
写真⑯
今度は右俣(たぶん本流)に入って行く。

画像
写真⑰
いい感じじゃんと思って進むとこの先にちょっと深い淵のところが有りその手前に何と男の人がいるではないか。どうしようか迷っていたらしい。自分は淵に浸かって先へ進んだ。

画像
写真⑱
すぐに両門の滝。これかあ、すごいじゃん。なかなかなもんだ。右俣が本流だろう。左俣は屏風岩沢と言う沢名を持っているようだ。今日は右も左も歩くぞ。

画像
写真⑱-1
先ほどの男の人もやって来た。登山靴のまま淵に入ったそうだ。思い切りがいいな。なかなかやるじゃないか。

画像
写真⑱-2
これから左の滝を上がって左俣に入って行きますよ、と彼に説明。滝の左のルンゼ上のところを上がって行く。2本目。

画像
写真⑱-3
滝の落ち口まで上がって下の彼にこちらに来ますかと手ぶりで聞くと、何と上がって行きますとの事。大丈夫かな。

画像
写真⑱-4
すんなりと上がって来ました。聞くと、まさかここを登るとは思わなかったとの事。沢を戻って屏風岩山へ行く予定だったとの事。これからのルートを説明しどうしますかと聞くと、ご一緒しますという事。即席コラボが成立したのです。

画像
写真⑲
滝出現。上にも滝がある。右からのような気もするが左の砂の斜面を上がって越えて行く。

画像
写真⑳
上の滝の巻きがいやらしかった。ロープを出した。

画像
写真⑳
向こうの奥に次の滝が見えて来た。

画像
写真㉑
なるほど。何が?

画像
写真㉑-1
ここはしっかりしたホールド・スタンスのある緑の苔のところを上がって行く。ここもロープを出す。

画像
写真㉒
涸棚帯に入ったようだ。

画像
写真㉓
ほとんどは登れる涸棚だが、ハング気味でホールドがなかなか見つからずちょっと苦戦したところもあった。ここを越せば終わりかと思ったが...

画像
写真㉓-1
もう一つありました。しかし上に大岩がかぶさっているようなのでここはパス。

画像
写真㉔
と言っても、この上を巻かなければいけない。結構いやらしい。ここでもロープを出す。

画像
写真㉔
沢に戻るもいくつも枝分かれしている。右の方に入りたい気もあるが、ここはちょっと左へカーブしているところに上がって行くことにした。

画像
写真㉔-1
ここはフリーで。

画像
写真㉕
もうちょっとだ。

画像
写真㉖
ふう、無事に上がれて良かった。

画像
写真㉗
そして両門の滝の界尾根を下降。

画像
写真㉘
左に寄りながら下りてきたら、両門の滝の右俣の大滝のちょっと上に降りて来てしまいました。

画像
写真㉘-1
でも結果オーライだった。右俣の大滝の上には小さな越えられそうもない滝がまだ有ったのだ。

画像
写真㉘-2
さあ、3本目、ラスト、行くぞ。

画像
写真㉙
なだらか。

画像
写真㉚
古そうなトタンの波板が散乱している。

画像
写真㉛
二俣。ここは左へ。

画像
写真㉜
傾斜が増してくる。

画像
写真㉝
歩きづらい。

画像
写真㉞
ヒィー、やっと上がって来た。さすがに3本目となると疲れもたまってきつかったなあ。

画像
写真㉟
ここは下からの道の終点。ここを見たかったので帰りのルートに入れたのです。右下には畑がある。

画像
写真㊱
下界に戻って来ました。

YMN(仮称)さん、おバカな山行にお付き合いいただきありがとうございました。今後はくれぐれにも安全にね。
課題であった笹子沢は今回で一気に解決。次はどこにしようかな。

この記事へのコメント

うたやん
2018年03月27日 21:38
EAさん、左俣&奥の左俣情報ありがとうございます。

登って降りて3回も・・・。好きですね~。
岳山堰堤奥の三椏、両門の付近のハナネコ情報ありませんがEAさんは花には興味なし?
EA
2018年03月27日 22:37
あら、うたやんさん、ご無沙汰です。
笹子沢、思い切って一気にやってしまいました。
ミツマタはところどころ咲いていたように思いますが、大群生ではなかったような...
花は「白い花」「黄色い花」程度なもんでハナネコなんぞはとても気が付きませんよね。
もっぱら、丹沢を隈なく歩きたい、で邁進しています。