2018年11月11日 ヌタ小屋沢(単独)

画像今回は以前より行きたかった河内川(中川川)上流の白石沢支流のヌタ小屋沢へ行こうと思う。さらに以前よりやりたかった洗車もしたい。今日は両方の実現に向けて頑張ろう。

画像
写真①
用木沢出合に車を止め、林道と登山道をテクテク歩いて二俣一括堰堤のところまで来た。右俣は白石沢本流で左俣がこれから入るヌタ小屋沢だ。

画像
写真②
そしてヌタ小屋沢の入り口となる三段の滝がお出迎え。なるほどこれは登れない。近づく気もしない。

画像
写真③
なので右の左岸尾根に乗り滝を高巻く。

画像
写真④
降りれそうなところから沢に降りる。

画像
写真⑤
すぐに低い横長滝。奥には大滝も見える。ここは水流の左の方から越えて行く。

画像
写真⑥
当然眺めるだけ。どこから巻こうかな。

画像
写真⑥-1
少し戻ったここから巻くことにする。踏み跡のようなケモノ道のようなバンドが見えるような気もするのでここを上がって行くことにする。簡単かと思ったが意外と苦戦。ちょっと怖かった。

画像
写真⑦
さて、今度はどこから降りようか。ここはだめだ。

画像
写真⑧
ここなら降りれそうだ。

画像
写真⑧-1
ロープを掛けながら降りて来ました。

画像
写真⑧-2
降りたところには、さっきの低い横長滝に似た滝がある。

画像
写真⑨
大岩が鎮座している。

画像
写真⑩
ここは左だ。

画像
写真⑪
また大岩だ。

画像
写真⑫
ここは本流と思われる右俣へ入って行く。

画像
写真⑬
かわいい小滝。

画像
写真⑭
またかわいい小滝。

画像
写真⑮
ここは右へ行く。

画像
写真⑯
岩床が見えて来た。

画像
写真⑰
ここは右。

画像
写真⑱
もう源頭部だ。

画像
写真⑲
源頭部入口の木の根梯子を越えて行く。

画像
写真⑳
穏やかな源頭部。

画像
写真㉑
登山道に上がって来ました。

画像
写真㉒
ここから尾根を下降して先ほどの二俣まで降りて行く。

画像
写真㉓
普通の尾根。

画像
写真㉔
二俣まで降りて来ました。

画像
写真㉕
今度は左俣に入って行く。

画像
写真㉖
すぐの二俣を左に入って来た。

画像
写真㉗
緑の岩場が出て来た。

画像
写真㉗-1
行きましょう。

画像
写真㉗-2
いいね~。

画像
写真㉘
登るのに難しいことはない。ちょっと楽しいかな。

画像
写真㉙
あれ~、楽しいところはもう終わりだ。

画像
写真㉚
よいしょよいしょ!!

画像
写真㉛
もう少し。最後は土がヌルヌルでちょっともがいてしまった。

画像
写真㉜
水晶沢ノ頭の新しい指導標のあるところに出て来ました。ふぅ、今日はもうこのくらいにしておいてやろう。

画像
写真㉝
帰路は未踏の尾根で。

画像
写真㉞
いい尾根じゃん。

画像
写真㉟
そう朝、滝の高巻きに使った尾根なのです。

画像
写真㊱
登山道まで降りて来ました。

画像
写真㊲
この木橋を渡って沢から上がれば後は林道歩き。

登れない滝を登らない者にとってヌタ小屋沢は巻きが大変な沢だ。ただ今回通ったところでは左俣の緑の岩場の通過がちょっと楽しかったかな。まあ、それでも初めてヌタ小屋沢を歩いたという事だけで満足なのです。
今回は洗車も日没と同時に終了。大変良く出来ましたなのです。

この記事へのコメント

shiro
2018年11月14日 11:06
ヌタ小屋沢お疲れ様です!
大滝の高巻で痺れたことを思い出しました。
今度、左又の緑の岩場も見に行ってみたいと思いました。
でも、もう大滝の高巻はコリゴリなので、途中から沢へ降りるルートで。

沢登りの直後に洗車とは・・・
EAさんのタフさには脱帽です。
EA
2018年11月14日 20:45
shiroさん
こんばんは。お久しぶりですね。
行って来ました、shiroさんこだわりのヌタ小屋沢。
大滝の巻き、ずり落ちそうでちょっと面倒でした。
横長滝に戻って降りてから尾根に取り付いた方が良かったかもしれませんね。左俣の緑の岩場は短かかったですが、何が出て来るのか分からないところもあってあの沢で一番楽しめたところです。

久しぶりの洗車、ずいぶん汚れていたのですっきりです。
自分を追い込んだのでようやく達成出来ました。