2019年4月20日  大洞沢界隈(単独)

画像やはり先週の続きをやろうと決め大洞沢界隈へ行くことにした。
今回の目的は3つ。
①黒龍尾根・上ノ丸間の登山道(水平道区間)より少し下を通る大洞沢を横切る径路のルート確認
②大洞橋とその上にある道標(大洞橋~上ノ丸方面)のルート確認
③唐沢林道にある火打澤隧道名の「火打澤」とはどこかの確認

画像
写真①
今日はここからスタート。黒龍尾根を上がって行く。相当久しぶり。

画像
写真②
上がって来ました。東屋。何と無しに覚えている。たぶんここら辺に水平道の入り口があるかもしれない。

画像
写真③
おお、それっぽい径路がある。入って行こう。

画像
写真④
途中から右下から来た大通りに乗った。

画像
写真⑤
昔はしっかりした良い径路だったのだろう。

画像
写真⑥
あれか?

画像
写真⑦
そうそう、これだ。先週はこの橋の下を通って上に上がって行ったんだ。なのでこの橋を通る径路が気になっていた。ここまではまずまず。この先は大丈夫かな。

画像
写真⑧
高度を上げる。

画像
写真⑨
橋の無い沢の横断。

画像
写真⑩
径路が無くなった。上に行っているのだろうか。でもこのまま進んで見ましょう。

画像
写真⑪
少し進んだが大きく深い沢が有り、水平には行けず上に上がり登山道に乗った。やはり黒龍尾根からのこの水平道は廃道が故、かなり荒廃していた。

画像
写真⑫
いい感じ。

画像
写真⑬
鞍部が見えて来た。

画像
写真⑭
目的の①を達成。前回は右の尾根に上がって進んだ。今回は道標の大洞橋方向に従い径路に乗って進んで行く。ここからは目的②のスタート。

画像
写真⑮
しっかりしている。

画像
写真⑯
ああ、前回は左から降りて来てこの径路に乗って進んだんだ。なるほど、さっきの道標から来たルートも水平道だな。

画像
写真⑰
今日は右の大洞橋に降りて行く。

画像
写真⑱
左下方向に布川橋が見える。

画像
写真⑲
開けてる。看板がある。

画像
写真⑲-1
なるほど、今歩いているルートは県民手作りの森の遊歩道かもしれない。

画像
写真⑳
ベンチも何ヵ所かついている。

画像
写真㉑
降りて来ました。この道標ルートはしっかりしていて安全に楽に通れました。

画像
写真㉒
大洞橋まで降りて来ました。

画像
写真㉓
なるほど。そういうことだったのね。目的の②達成。
すんなり来すぎたので、ちょっと寄り道しよう。大洞沢出合の廃キャンプ場に有ったモノレールに沿って布川に降りてみよう。

画像
写真㉔
これですね。

画像
写真㉔-1
もう使えないだろうな。

画像
写真㉕
降りて来ました。

画像
写真㉖
布川に入って行く。今度は目的③の火打澤さがし。

画像
写真㉗
ほんと布のように平らで柔らかな川だな。

画像
写真㉘
正面の沢がクサい。ここを上がって行くと火打澤隧道のところに行く。橋か堰堤があれば沢名が書かれているかもしれない。でもショボい沢だな。

画像
写真㉙
やはりパッとしない。

画像
写真㉚
おっ、滝だ。

画像
写真㉚-1
真っ黒だけどヌメリは無い。流れの中を登って越える。

画像
写真㉛
唐沢林道が右上に見えて来た。

画像
写真㉜
堰堤。ということは...

画像
写真㉜-1
やったー。火打沢(火打澤)でした。目的の③達成。本日のミッションコンプリーテッド。早いけど帰るとしましょう。

画像
写真㉝
林道に這い上がる。

画像
写真㉞
先ほど上から見えた布川橋を渡る。

画像
写真㉟
あの高い堰堤の上に降りよう。

画像
写真㊱
ここから降りられそう。

画像
写真㊲
降りて来ました。まっ平ら。

画像
写真㊳
戻って来ました。

今回も小さな楽しみ小さな喜びの山歩きなのでした。
0

この記事へのコメント