2019年8月24日  地獄沢(単独)

20190824_地獄沢~大山北尾根.jpg
▲午後から用事があるので早帰りできそうなところという事でこれまで行くチャンスが無かった地獄沢に入ってみることにした。

▼写真①
出発は地獄沢橋。
01b8240001.jpg

▼写真②
まずは林道を上がって行く。
02b8240002.jpg

▼写真③
極楽橋に到着。
03-0b8240004.jpg

▼写真④
橋を渡り極楽橋から地獄沢に降りて行く。
04b8240006.jpg

▼写真⑤
いいじゃないか。
05b8240007.jpg

▼写真⑥
小滝じゃないか。でも近づくと、意外にも釜が深い。右から巻き。
06b8240009.jpg

▼写真⑦
ここも釜が深い。手前右から高巻く。
07b8240010.jpg

▼写真⑧
こんな小滝でも釜が深い。
08b8240011.jpg

▼写真⑨
ここも釜が深いので右岩の向こうの溝から上がって越える。
09b8240012.jpg

▼写真⑩
ここから左への湾曲が始まる。ここも釜が深いので左から。
10b8240014.jpg

▼写真⑪
湾曲部の中間地点。
11b8240015.jpg

▼写真⑫
湾曲の出口が見えて来た。
12b8240016.jpg

▼写真⑬
深い釜を避けて右から。
13b8240017.jpg

▼写真⑭
ここは岩の中央を簡単に越えて行く。
14b8240018.jpg

▼写真⑮
ここは水流の中を上がって行く。
15b8240019.jpg

▼写真⑯
ここは右から越えて行く。
16b8240020.jpg

▼写真⑰
少し開ける。
17b8240024.jpg

▼写真⑱
ここは左の水流を上がる。
18b8240025.jpg

▼写真⑲
左側から越えて行く。
19b8240026.jpg

▼写真⑳
ここは水流の中を登れる。
20b8240028.jpg

▼写真㉑
同じような感じなので少しあきて来た。
21b8240029.jpg

▼写真㉒
水流が消え、二俣。ここは左へ。
以前、ここら辺を横切ったことがある。
22b8240032.jpg

▼写真㉓
ガレの沢になって来た。
23b8240033.jpg

▼写真㉔
チョックストーンの左を越えられる。
24b8240035.jpg

▼写真㉕
傾斜は少しづつきつくなって来る。
25b8240037.jpg

▼写真㉖
振り返ると向こうに見えるのは無名ノ頭と本間ノ頭だ。
26b8240038.jpg

▼写真㉗
傾斜は増してきている。
27b8240041.jpg

▼写真㉘
ここは左へ。
28b8240045.jpg

▼写真㉙
まだ行けそうだ。
29b8240046.jpg

▼写真㉚
岩盤むき出し。
30b8240047.jpg

▼写真㉛
左から回り込んで上がる。
31b8240048.jpg

▼写真㉜
ここは直登で。
32b8240050.jpg

▼写真㉝
さらに傾斜が増す。慎重に上がって行く。
33b8240051.jpg

▼写真㉞
ズルズルの急斜面。
34b8240052.jpg

▼写真㉟
もう少し。ガンバ。
35b8240054.jpg

▼写真㊱
上にモノレールの軌道が見えて来た。
36b8240055.jpg

▼写真㊲
やったー。地獄沢を詰め上げたぞ。
37b8240056.jpg

▼写真㊳
今日はもう終わり。
帰りはかなり久しぶりの大山北尾根で。
38b8240057.jpg

車に戻ったのがジャスト12時。時間的にはほぼ予定通りの山行が出来ました。
それにしても地獄沢、前半は小滝が続く平らな感じだが、なぜかその釜はかなり深く、胸まで浸かりそうで入る気がしない。後半はどんどん急峻になりガラガラズルズルの四つ足歩行となり、危険と言う感じではないが慎重に一歩づつのスロー歩行。でもエスケープルートは何ヵ所もありそうなのでいろいろな楽しみ方ができる沢だと思う。でもなぜ「地獄の沢」なのだろうか。

0

この記事へのコメント