2019年12月28日 地蔵沢上流域戸沢・バケモノ沢の未踏支流と界尾根(単独)

20191228_戸沢バケモノ沢.jpg
▲今回は先週雨で撤退した計画の再チャレンジ。その計画とは地蔵沢上流域の戸沢、バケモノ沢、赤沢のまだ入っていない支流や界尾根をこれまで歩いたところとなるべく重ならないように回ろうというアホなものなのです。さてうまく行きますでしょうか。

▼写真①
いつものように忘路峠まで来ました。
01-0c281792.jpg

▼写真①-1
稜線登山道に上がって来ました。今日は晴天。
01-1c281794.jpg

▼写真②
まずはこのピークから戸沢の未踏界尾根で下降して行く。
02c281797.jpg

▼写真③
降りて来ました。軟着陸。
03c281802.jpg

▼写真④
次はこの戸沢の支流に入って行く。
04c281804.jpg

▼写真⑤
二俣はまずこの右俣に入って行く。
05c281806.jpg

▼写真⑥
ここは右。
06c281810.jpg

▼写真⑦
狭まる。
07c281812.jpg

▼写真⑧
少し開ける。
08c281813.jpg

▼写真⑨
二俣。きつそう。界尾根も取り付くのは難しそう。
09-0c281816.jpg

▼写真⑨-1
計画ではこの左俣へ進みたいのだが、ちょっと無理かなあ。
09-1c281817.jpg

▼写真⑨-2
こちらは右俣。入ってすぐに左へ曲がっている。
09-2c281818.jpg

▼写真⑨-3
右俣へ入ってみる。こちらも厳しそう。これから進む方向ともちょっと違うのでこちらは無し。でもどうしよう。左俣の右岸尾根でも取り付ければいいのだが。
09-3c281820.jpg

▼写真⑩
左俣へ少し入ってみると右岸尾根も取り付きがいやらしい。でも良く見るとこの岩の左俣、なんとか行けるかも。
10-0c281822.jpg

▼写真⑪
中間ぐらいまで上がって来れました。まだ行けるぞ。
11c281823.jpg

▼写真⑫
岩部を抜けた。あとはこの泥の超急斜面を上がれば終わりかな。
12c281825.jpg

▼写真⑬
最後は根っこに助けられ無事に抜け出せました。トラバで次の尾根へ。
13c281827.jpg

▼写真⑭
さっきの二俣へ降りて来ました。
14c281830.jpg

▼写真⑮
そしてすぐにこの斜面を尾根に上がって行く。
15c281831.jpg

▼写真⑯
ピークに上がって来ました。
16c281834.jpg

▼写真⑰
気持ち良い尾根をルンルンと下降してきたら尾根の先端まで来てしまった。この先はロープを架けながら降りるしかないなと思いながら右横を見ると何と...
17-0c281835.jpg

▼写真⑰-1
ガーン、すごい滝だ。そうだ、このバケモノ沢はバケモノのようなすごい滝で出合うのだった。すっかり頭からすっぽ抜けていた。バ、バックだ。
17-1c281836.jpg

▼写真⑱
落ち口の上まで上がって来た。落ち口まで降りるのちょっと怖いな。
18-0c281837.jpg

▼写真⑱-1
ロープで降りて落ち口に立った。相当な高さだ。先回は右岸から巻いて上がったんだ。
18-1c281841.jpg

▼写真⑱-2
さあ、行こうか。
18-2c281842.jpg

▼写真⑲
二俣。この時点では奥野歩道(旧東海自然歩道)を横切っていることも忘れていたのでした。
19-0c281845.jpg

▼写真⑲-1
先回は左俣に入っているので今回はこの右俣へ入って行く。
19-1c281846.jpg

▼写真⑳
滝。これは容易。
20c281849.jpg

▼写真㉑
平和な様相。
21c281854.jpg

▼写真㉒
岩床になって来た。
22c281858.jpg

▼写真㉓
ここは上がどんどんきつくなり登れない。奥はどうだろうか。
23-0c281859.jpg

▼写真㉔
ここもさらに悪い。
24-0c281860.jpg

▼写真㉔-1
しょうがない、右の尾根に上がって行こう。
24-1c281862.jpg

▼写真㉕
今度は再び戸沢に向かって降りて行く。
25c281865.jpg

▼写真㉖
降りて来ました。
26c281867.jpg

▼写真㉗
今度は戸沢のこの支流。先ほどの戸沢の二俣からの右俣だ。
27c281869.jpg

▼写真㉘
岩がとても白くてしかも平らで平和。この平和が最後まで続けばいいのだが。
28c281871.jpg

▼写真㉙
二俣。
29c281873.jpg

▼写真㉚
左へ入って行く。
30c281874.jpg

▼写真㉛
また二俣。右の滝が気になるので見に行ってみよう。
31c281875.jpg

▼写真㉜
結構立ってるな。もうちょっと近づいてみよう。
32-0c281876.jpg

▼写真㉜-1
右上に斜上する岩のバンドに乗れば行けるかも。
32-1c281877.jpg

▼写真㉝
それが間違いだったのです。斜上バンドに乗ると結構怖い。しかも右上に行ってからさらにその上に上がるのが相当悪い。ホールドの無い見た目以上に急な岩の溝に砂が乗っかっているだけ。とても行けそうにない。どうしようかと、変な姿勢のまましばらく考える。しょうがないので近くの自分の横位置にある細い低木にストックを使って何とかロープを架け、確保のまね(ロープを架けた木の支点は自分より下になる)をして慎重に恐る恐る上がって行ったのです。いや~、怖かったなあ。そして疲れたなあ。ここだけで30分ぐらいかかってしまった。
33-0c281878.jpg

▼写真㉝
今日はもう終わりにしよう。
33-1c281881.jpg

▼写真㉞
あの斜面を登るのかあ...
34c281882.jpg

▼写真㉟
ようやく大界木山の山頂標識のある登山道まで上がって来ました。もうヘトヘト。
35c281886.jpg

今回も課題の目標未達成での山行となってしまった。ちょっとあまく見てたな。またそのうち残りをやろうかな。

この記事へのコメント