2020年2月23日 続赤沢支流(単独)

20200223_続赤沢支流.jpg
▲お久しぶりです。
前回、もう終わりかなと言ったこの辺りだが、まだやらなければいけないルートが残っていました。それは、赤沢の左右対称性を生かしたルート取りだ。今回はそんなルートでの山行を楽しみたい。

▼写真①
今回は、大界木山への直登ルートでのアプローチ。稜線に近づくと北からの冷たい強風が吹きつける。富士山は雲かな雪煙かな。
01s2231975.jpg

▼写真②
沢へ降りるのはここから。
02s2231977.jpg

▼写真③
この辺は地形がわかりづらい。最初は尾根がはっきりしない。尾根の形が出て来ても正しい尾根になかなか乗れない。でも尾根の乗り換えは簡単だ。
03s2231979.jpg

▼写真④
おっ、奥野歩道(廃道、旧東海自然歩道)だ。
04s2231981.jpg

▼写真⑤
降りて来ました。
05s2231982.jpg

▼写真⑥
さあ、行くぞ。上から流されてきたと思われるハシゴのような構造物だ。
06s2231985.jpg

▼写真⑦
滝が出て来たが、ホールドスタンス豊富で簡単に登れる。
07s2231989.jpg

▼写真⑧
すぐ上も超小滝。ここにもハシゴのような構造物が流されて来ている。
08s2231990.jpg

▼写真⑨
奥野歩道の横断地点。良く見ないと分からない。沢へ降りたり登り返したりするのは難儀しそうだ。
09s2231992.jpg

▼写真⑩
左からの崩落土砂が固まっている。
10s2231995.jpg

▼写真⑪
源頭が見えて来た。
11s2231997.jpg

▼写真⑫
ワッセワッセと登り、尾根のピークへ。
12s2231998.jpg

▼写真⑬
ピークから急な斜面を降りて来て2本目の沢に降り立つ。
13s2232000.jpg

▼写真⑭
この沢、先は短いが何が出て来るのかな。
14s2232002.jpg

▼写真⑮
二俣。左へだが、登れそうな小滝だが、岩がもろくて直登は断念。右から巻いて上がる。
15-0s2232005.jpg

▼写真⑯
おお、源頭部が見えて来たぞ。ちょっといやらしいかな。もうちょっと近づいてみよう。
16-0s2232010.jpg

▼写真⑯-1
やはりだ。ザレの急斜面になっていてとても無理だ。ここから右側のさっき下った尾根に上がるとしよう。
16-1s2232011.jpg

▼写真⑰
上がって来ました。次は計画通りに城ヶ尾峠から信玄平方面に下って行くとしよう。
17s2232013.jpg

▼写真⑱
通過できるかなと少し心配していた城ヶ尾峠から少し下ったところに来た。傾いたハシゴは以前とあまり変わらなそうだが、そこに降りるところの大石のところの崩壊が少し広がっていて簡単にはまたげなくなっている。ロープで確保しながら降りて行く。
18s2232015.jpg

▼写真⑲
この尾根で沢へ下降して行く。
19s2232019.jpg

▼写真⑳
また奥野歩道だ。
20-0s2232020.jpg

▼写真⑳-1
朽ち果てて来た道標の羽根には大滝町の表示が残っている。
20-1s2232021.jpg

▼写真㉑
降りて来ました。
21s2232022.jpg

▼写真㉒
さあ、行きましょう。
22s2232023.jpg

▼写真㉓
この滝は近づいてみるとホールドスタンス豊富で登って越える。
23s2232025.jpg

▼写真㉔
今度は小滝。でも登れず、左から巻き。
24s2232028.jpg

▼写真㉕
すぐ上。
25-0s2232031.jpg

▼写真㉕-1
すぐ上。
25-1s2232032.jpg

▼写真㉕-2
その上。
25-2s2232033.jpg

▼写真㉖
これは登って越える。
26s2232034.jpg

▼写真㉗
穏やかになった。
27s2232036.jpg

▼写真㉘
奥野歩道の横断箇所だが良くわからないまま二俣(らしくないが)。左(直進)はすぐに源頭部で終わり。ここは右の滝を越えて行く。ちょっと登れない滝だ。左から巻くがかなり悪い。
28s2232041.jpg

▼写真㉙
こちらも源頭部に入った。
29s2232043.jpg

▼写真㉚
穏やかだがきつい登りだ。
30s2232044.jpg

▼写真㉛
ふう、やっと上がって来た。疲れた。
31s2232045.jpg

▼写真㉜
今度はこの小尾根を下降。
32s2232047.jpg

▼写真㉝
降りて来ました。
33s2232048.jpg

▼写真㉞
これが本日最後の沢だ。となるはずだ。
34s2232049.jpg

▼写真㉟
この二俣で右に入る。
35s2232053.jpg

▼写真㊱
行けそうだ。
36s2232055.jpg

▼写真㊲
おお、さっき通過したところのあの傾いた木橋が見えて来た。何とか上がれそうだ。
37s2232059.jpg

▼写真㊳
無事に城ヶ尾峠まで戻って来ました。沢では風もなく暖かだったが、稜線に上がると相変わらず強い北風だ。さてと、戻りは一度下って浦安峠まで林道で行ってみよう。
38s2232062.jpg

▼写真㊴
おっ、ロープがあるぞ、ここから林道へ降りて行こう。
39s2232065.jpg

▼写真㊵
しばらくは林道歩きだ。
40s2232067.jpg

▼写真㊶
浦安峠着。
41s2232068.jpg

▼写真㊷
戻って来ました。
42s2232072.jpg

GPS軌跡で面白い模様が書けたでしょう?ほんとアホですね!
地形図を眺めているのは本当に楽しいのです。
山へ行っていない日は地形図を眺めていることも多いのです。
さあ、次はどこへ行こうかな。

この記事へのコメント