EAの丹沢山行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年5月11日  沖箱根屋沢左岸尾根〜屏風岩山〜日影歩道〜地蔵平〜権現沢詰上げ(単独)

<<   作成日時 : 2017/05/11 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像信玄平と大滝峠間をむすんでいた奥野歩道(廃道)を歩いたことは何回かあるが、そこを横切る沢はまだ歩いたことが無かった。今回はそれらの沢の一つの権現沢を歩いてみることにする。まずは沢へ入るための起点となる地蔵平にどうやって行くのかが課題となる。今回は大滝橋から屏風岩山を経由して地蔵平に入ることにする。

画像
写真@
大滝橋から林道に入り取水設備のあるところの駐車スペースに車を止めてスタート。そしてここは沖箱根屋沢の出合。出合からF1が見える。屏風岩山へのルートだが、今回は未踏であった沖箱根屋沢左岸尾根で上がることにする。

画像
写真A
ここは沖箱根屋沢のF1の巻きルートなのであろう。取り付きはちょっとワイルドだが踏み跡はしっかりついている。短いザレの細尾根のところまで上がって来た。ここからなら沖箱根屋沢に簡単に降りられそうだ。

画像
写真B
両側が鹿柵にはさまれたところに入って行く。

画像
写真C
ようやく右側の鹿柵が無くなった。かなり長かったなあ。

画像
写真D
屏風岩山の山頂に到着。次はこれまた未踏であった日影歩道を目指す。

画像
写真E
日影歩道は毛出シ峠から始まっているはずだが入り口が良くわからない。適当に下って行くと道型が現れる。おそらくこれが日影歩道であろう。

画像
写真F
日影歩道は昔の仕事道で今はだれも使う人はいないためすでに廃道状態だ。なので何ヵ所か歩きづらいところが出て来る。

画像
写真G
日影歩道は山腹から尾根上へとルートを変える。

画像
写真H
ここからは道志歩道へと下降する日影歩道と別れ、尾根ルートで地蔵平へ降りて行く。

画像
写真I
裸地状地からの気持ち良い眺め。

画像
写真J
この尾根の左側斜面は割と最近に植林されたようだ。

画像
写真K
地蔵尊の裏に降りて来ました。

画像
写真K-1
今でもどなたかが面倒を見てくれている。

画像
写真K-2
さあ、行こう。

画像
写真L
地蔵平を振り返る。

画像
写真M
廃林道で大滝沢橋まで来た。ここから沢に入る。下流をセギノ沢、上流を権現沢と言うようだ。面倒くさいのでここでは権現沢と言うことにする。

画像
写真N
すぐに大きな堰堤。右から巻いて超える。

画像
写真O
傾斜は緩い。向こうに滝が見えて来た。

画像
写真P
奥には堰堤が見える。

画像
写真P-1
結構高い堰堤だ。

画像
写真P-2
高く上がり過ぎたようで水平移動が少し怖かった。なるべく下から攻めた方が良かったようだ。

画像
写真Q
大きな二俣。右俣は大滝峠に行くようだが、ここはあえて左俣へ進む。

画像
写真R
また二俣。ここも左俣へ進む。

画像
写真S
左から滝だが、奥から二足歩行で上がって越えられる。

画像
写真㉑
トイ状滝。トイの中を歩いて簡単に上がれる。

画像
写真㉒
水流は無くなり丸っこい大岩が出てきた。

画像
写真㉓
どうしてここら辺にはこのような大岩がゴロゴロしているのだろうか。

画像
写真㉔
二俣。

画像
写真㉔-1
左俣に入ると、有りましたハシゴが。そうです、ここで奥野歩道が沢を横切っているのです。久しぶりだなあ、ここ。

画像
写真㉕
さらに上流を目指す。

画像
写真㉖
右は奥がザレの絶壁となっているので直進(左)する。

画像
写真㉗
左の尾根とほぼ同じ高さになっている。

画像
写真㉘
おお、これが一番デカいな。

画像
写真㉙
またトイ状滝。

画像
写真㉚
いよいよ源頭部に入ったようだ。右は奥が絶壁。

画像
写真㉚-1
まだまだ行けますよ。

画像
写真㉛
稜線が見えて来た。右はザレの絶壁となりNG。左へ上がって行く

画像
写真㉜
少し右の方へ進もう。

画像
写真㉝
もう大丈夫だ。

画像
写真㉞
稜線に上がりました。畦ヶ丸からの登山道だ。

画像
写真㉞-1
本日の目標達成!権現沢の一番長いルートで詰め上げたのです。さあ、下山だ。

画像
写真㉟
2012年4月実施のニカニカ集会会場跡に寄り道。ここから左に行かず、右の尾根で登山道に降りて行く。これも一応初ルートなのです。

画像
写真㊱
お久しぶりの一軒家避難小屋。

画像
写真㊲
戻って来ました。

権現沢は傾斜の緩い沢だ。小滝や高い堰堤はあるが、さほど障害にはならない。この権現沢に沿って大滝峠まで権現歩道なるものが有ったようだが、良くわからなかった。まあ、注意して見ていなかったせいかもしれない。ようやく権現沢を歩くことが出来たが、まだ未踏の奥野歩道が横切る沢の地蔵沢流域が残っている。いずれ機会を作り来てみたい。

月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おおっと、ニアミスでしたね!
AY
2017/05/12 22:09
日影歩道と地蔵平の通過、うまく重なりましたね。
EA
2017/05/13 07:51
EAさん
渋いところをお疲れ様です。
絶対不可能な私の念願「丹沢を隈なく歩く‥」
ですが、この権現沢はEAさんの記録を
しっかりと拝見し、歩いた事にしました。(^^;
この右岸尾根を始め、コラボで歩いた奥野歩道は勿論、
水晶沢右岸尾根の第一真っ平、第二真っ平なども
懐かしく思い出しました。ニカ集会場の記述も
ありがとうございます。(シカ柵地獄でもう
風情は薄れましたね)
M-K
2017/05/16 01:36
M−Kさん
あれあれ、歩いたことにしちゃうって、やはり自分でちゃんと歩きましょうよ。あの辺の沢は傾斜もゆるく、お散歩コースですよ。ただ、渋いのが難点ですが...
奥野歩道、水晶沢右岸尾根、MーKさん達と歩きましたね。ニカニカ集会もいろんな山の中でやりましたね。はい、懐かしいです。
私が奥野歩道を最初に歩いたのは2011年11月で、その時はまだ激藪が有って通過に苦労しました。今、山は鹿バリカンの攻撃の為、綺麗すっきり。藪や下草が無くなり、土が流れ出し、木が倒れ、お山は回復困難になって来ています。異常事態・緊急事態ですね。鹿柵もどんどん増やしていますが、根本的にはやはり鹿を激減させないといけないでしょう。鹿柵地獄のお山は嫌ですね。でも丹沢を隈なく歩くという方針は今後も継続させますよ。なのでこれからもよろしくお願いします。
EA
2017/05/16 19:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年5月11日  沖箱根屋沢左岸尾根〜屏風岩山〜日影歩道〜地蔵平〜権現沢詰上げ(単独) EAの丹沢山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる