EAの丹沢山行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年8月5日   檜岳南東面沢の串刺し横断(単独)

<<   作成日時 : 2017/08/05 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像檜岳南東面の沢にはまだ入ったことが無い。白石沢、中ノ沢(中澤)、滝郷沢、水棚沢か。あるなあ。だったらそれらの沢の串刺し横断をやろう。でも、水棚沢は怖そうなので止めときましょう。という事で、寄へ。

画像
写真@
寄大橋横の駐車スペースに車を止めて、まずは串刺し横断のスタート地点へ向けてスタート。

画像
写真A
テクテク歩いて中ノ沢(中澤)の中澤橋通過。

画像
写真B
白石沢の白石橋を通過。もう少しだぞ。

画像
写真C
あの正面の尾根の先端が串刺し横断のスタート地点だ。

画像
写真D
先端から上がれるかな。

画像
写真E
よし、先端から上がれるぞ。

画像
写真F
手入れされた植林地だ。

画像
写真G
おっ、径路だ。なんだ、左下の林道から径路がつづら折りに上がって来てるじゃん。まあ、いいや。

画像
写真H
このまま水平だといいんだけどなあ。

画像
写真I
径路消失!結果、超急登!!

画像
写真J
ようやくピークに到着。ピークに立ち、向こうの下を見ると何と径路が上がって来ている。あれ〜。まあ、いいや。

画像
写真K
いよいよ最初の沢の白石沢への下降。

画像
写真L
やはりねえ。この少し上で急なところが有り、安全確保でロープをだした。そしてそのまま引いて降りて来ました。

画像
写真M
堰堤のところに降りて来ました。

画像
写真N
対岸の小尾根に取り付く。

画像
写真O
とっても急。

画像
写真P
ふう。

画像
写真Q
ここは以前、尾根を下りて来たことがある。そして再び、沢に向けて下降して行く。今度は中ノ沢(中澤)だ。

画像
写真R
ちゃんと沢に降りられるでしょうか。

画像
写真S
また、堰堤だ。今度はロープを使わずに降りて来ました。

画像
写真㉑
堰堤をもう一つ超す。

画像
写真㉒
よ〜し、ここを上がって行こう。

画像
写真㉓
鹿柵の穴をくぐって行く。

画像
写真㉔
今度は2連の鹿柵の扉。

画像
写真㉕
滝郷沢へ下降して行くと径路を横切る。この径路は通ったことがある。

画像
写真㉖
なんだ、道が付いているじゃん。

画像
写真㉗
おっ、滝郷沢だ。

画像
写真㉘
二俣のようだ。

画像
写真㉙
取り付きはもろい岩が有り良くない。

画像
写真㉚
上がって来ました。モノレール尾根だ。

画像
写真㉛
またまた沢に降りて来ました。沢名はわかりません。

画像
写真㉜
よ〜し、あの尾根を上がろう。

画像
写真㉝
かなりきついなあ。

画像
写真㉞
右側から来たつづら折りの径路に乗りました。多分、遊歩道かな。ああ、助かった!

画像
写真㉟
最後のピークに到着。

画像
写真㊱
鹿柵の穴を抜けて水棚沢右岸尾根を下降して行く。

画像
写真㊲
寄沢の崩壊斜面と地獄崩れが見える。

画像
写真㊳
遊歩道の終点にある名前の看板だ。

画像
写真㊴
遊歩道は右。

画像
写真㊵
だけどまっすぐ降りて行く。水棚沢の出合に降りたいのです。

画像
写真㊶
いやらしい急斜面をへっぴり腰で降りて行く。

画像
写真㊷
ふう、降りて来ました。下りて来たところを見上げる。

画像
写真㊸
無事に降りて来ました。

画像
写真㊹
水棚沢を振り返る。あの右岸尾根を下りて来たんだ。目標達成です。

画像
写真㊺
(おまけ)おお、モノレールが付けられているぞ。

最近は天候が安定しない。今日、丹沢では午後から雨との予報もある。今回のルート、無事にほぼ予定通り午前中で終わらすことが出来た。次はどうしようかな。

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年8月5日   檜岳南東面沢の串刺し横断(単独) EAの丹沢山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる