2018年4月1日   中川川水系悪沢~箱根屋沢(単独)

画像先週と同じ中川川水系にある悪沢と箱根屋沢へ行くことにした。両沢とも初めてなのです。ようやくなのです。

画像
写真①
割沢橋から出発。

画像
写真②
最初の滝。上に堰堤がある。巻きルートはしっかりした鉄の道が左についている。

画像
写真③
階段付き堰堤。

画像
写真④
次の滝。左の巻き道で越えて行く。

画像
写真⑤
なんだ、次の滝も右側に階段の巻きルートがあるんだ。と思ってどんどん上に行ったら最後はロープになってしまった。そのロープも上に上がると、もう道も何もない。良くわからないのでさらに上に行き、今度は水平移動するが、なかなか沢に降りられない。

画像
写真⑥
結局随分先で沢に降りることになってしまった。この巻きは失敗だろうな。

画像
写真⑥-1
降りてきた先には小さな二俣がある。ルートは右。曲がるとすぐに小滝が有る。小滝を左横から越えて先へ進む。

画像
写真⑦
奥にも滝があるぞ。

画像
写真⑧
これが奥に見えた滝。ここはフリクションで越える。奥には二俣がある。

画像
写真⑧-1
ここは右。

画像
写真⑨
何か狭くなって来るぞ。

画像
写真⑩
せまっ!

画像
写真⑩-1
右に曲がるとすぐにこの滝。滝の右の岩壁に上からロープが下がっているが、高くて届かない。何回かロープをつかむため岩壁に取り付くもどうしても上手く上に上がれない。情けない。しょうがないので少し戻って右の斜面を斜上する巻きルートを上がって行く。滑って落っこちそうで怖い。

画像
写真⑩-2
トラロープにつかまればもう大丈夫だ。

画像
写真⑪
ここは三俣。本流は正面の中俣。滝がある。

画像
写真⑪-1
右俣の小さな沢を少し上がって越えて行く。

画像
写真⑫
巻きの途中で次の滝が見える。これもいっしょに巻いてしまいましょう。

画像
写真⑬
本流に復帰。

画像
写真⑭
わー、ちょっといやらしい滝だな。登れないぞ。右の岩壁を登ろうとしたが、うまく上がれない、結局、右の倒木を使って上がって越えることが出来た。

画像
写真⑮
これは左りから越える。

画像
写真⑯
2段の滝だが、共に右から左へ斜上するバンドに乗って越えて行く。

画像
写真⑰
ここは左の岩床の上から越えて行く。

画像
写真⑱
黒い滝だ。左から越えて行く。

画像
写真⑲
真っ黒で硯の様な滝だなあ。左を上がって行き超える。が、大きく急な涸棚が眼前に迫って来た。オーマイゴット、コースミス!もう上には進めそうもないので計画した沢へと移動しましょう。

画像
写真⑳
よしこの沢だ。移動完了。

画像
写真㉑
傾斜は緩いので簡単に越えて行く。

画像
写真㉒
植林地だ。

画像
写真㉒-1
あそこで終わりだぞ。

画像
写真㉓
詰めの終わりはお約束の急こう配。ヒィヒィ~。上に上がって、今度は箱根橋目指して下降開始。

画像
写真㉔
仕事道が出てきた。

画像
写真㉕
なんだ、仕事道だとこんなところに降りて来るんだ。箱根橋の尾根の一つ隣の尾根だった。

画像
写真㉖
さあ、今度は箱根屋沢だ。

画像
写真㉗
この堰堤も次の堰堤も右の梯子で越えて行く。

画像
写真㉘
比較的緩い傾斜の滝。水流の中を上れそうにも見えるが止めときましょう。左の巻きルートで越えて行く。

画像
写真㉙
沢に降り立つ。巻きの最後はこの右側の斜面、というより崖みたいなところをつけてあるロープで降りて来た。

画像
写真㉚
おんや、黒い滝の下に何やら見えて来たぞ。

画像
写真㉛
丹沢湖の落合発電所に水を運ぶ導水路だ。よくこんなところに作るよなあ。

設置されているロープを使って上に上がって行く。ただし一番右のロープは途中が少し切れかかっているので要注意。

画像
写真㉛-1
上に上がると次の滝が見えて来た。どうせ登れない滝だろう。面倒くさいのでこのまま上に上がって一緒に巻いてしまいましょう。

画像
写真㉜
斜面をトラバースしながら徐々に沢に降りて行く。

画像
写真㉝
派手な滝だなあ。左側の階段状を上がって越えて行く。

画像
写真㉞
奥にいやそうな滝が見える。でも右側にロープがかかっているように見える。ここは行ってみよう。

画像
写真㉟
これなら行けるぞ。

画像
写真㊱
滝の左側の岩壁にスリングの様なものがつけられている。が、ここは右の斜面を上がって越えて行きましょう。

画像
写真㊲
巻きの途中で次の滝が見えた。垂直でスラブな滝だ。カラビナの付いたスリングやリングなどがクラックに沿って付けられている。いや恐ろしい。降りてみるまでもなくさらに巻きへ。

画像
写真㊳
次の滝が見えた。ここも水流の左の岩壁に長く青いスリングがつけられている。ここは我々の来るところではなさそうだな。今日は巻きが多くてちょっと面白くなかったなあ。もういいや、沢に戻るのは止めてあがりにするとしよう。

画像
写真㊴
もちろんトラバースで移動。あの尾根に上がればいいんだな。

画像
写真㊵
鹿柵の穴をくぐって少し上がると、何と仕事道。ラッキー。と、この時は思ったのです。

画像
写真㊶
急傾斜も仕事道でルンルンと下降して来たが、何と仕事道消滅。あっ、やられた。まあ、しょうがない。尾根に戻って降りるとしよう。

画像
写真㊷
箱根屋沢を少し入ったところにある階段で降りて来ました。

今日は巻きが多かった。なのでちょっと不満足で面白くなかった面もある。箱根屋沢の遡行も途中で切り上げてしまった。たまにはこういうことも有る。でも無事に戻って来られたので良しとしましょう。
0

この記事へのコメント