2018年6月17日  本棚沢左岸枝沢~下棚沢枝沢左俣(単独)

画像今回は西沢水系本棚沢左岸にある3本の枝沢に入ってみようと思う。どれも短い沢だがどうなっているのだろうか。

画像
写真①
まずは本棚を見て行く。小雨だがその内止むだろう。

画像
写真②
巻き道を使って本棚沢に入る。倒木の架かる滝はまだ健在だ。

画像
写真③
二俣に来た。ここで最初の枝沢の右俣に入って行く。

画像
写真④
ざらざらの滝。

画像
写真④-1
奥にもう一つあった。これは左から巻いて行く。

画像
写真⑤
ここは右のざらざらのナメに入って行く。

画像
写真⑥
少し変化が出て来たが大した滝ではない。

画像
写真⑥-1
奥の小滝は左から巻く。

画像
写真⑦
またまたざらざらのナメ。

画像
写真⑧
いい感じ。

画像
写真⑧-1
これは右から巻く。

画像
写真⑨
終わりが見えて来た。

画像
写真⑩
最後はいつものヒイヒイ登りで稜線登山道に出る。

画像
写真⑪
2本目に向けて下降開始。もちろん初尾根。

画像
写真⑫
本棚沢本流に戻って来ました。

画像
写真⑬
この上で二俣。

画像
写真⑭
右俣へ入る。枝沢2本目。

画像
写真⑮
右斜面からの土砂崩落。

画像
写真⑯
ゴツゴツ岩の小滝。

画像
写真⑰
源頭部。最後まで行かずに左の尾根に上がる。

画像
写真⑱
3本目に向けて下降中。

画像
写真⑲
本棚沢本流に戻り上流に向けて進む。小滝だがヌメっているので慎重に越えて行く。

画像
写真⑳
湧水帯。この滝もヌメっているので慎重に。

画像
写真㉑
右の枝沢に入って行く。3本目。

画像
写真㉒
チョロチョロだが水が流れている。

画像
写真㉓
やはりガレ沢。

画像
写真㉔
ガレは無くなる。

画像
写真㉕
ここは左へ。

画像
写真㉖
源頭部に入った。

画像
写真㉗
もうちょっと。

画像
写真㉘
枝沢3本達成したが、帰りは本棚沢本流、下棚沢本流、そして先日歩いた下棚沢枝沢を横切り権現山・上ノ権現沢出合間の径路(旧登山道)で降りて行こうと思う。ところが下降する尾根がなかなか見つからずウロウロしやっと下降尾根に乗る。

画像
写真㉙
さきほど通過した本棚沢の二俣に降りて来ました。

画像
写真㉙-1
本棚沢本流の上流側。この最後の詰めのところは秘境感たっぷりの好きなところ。今日は寄らない。

画像
写真㉙-2
下棚沢を目指しこの尾根を登って行く。

画像
写真㉚
下棚沢へ下降開始。

画像
写真㉛
下棚沢本流に降りて来ました。

画像
写真㉜
今度はまた登り。

画像
写真㉝
そして下棚沢枝沢に向けて下降開始。

画像
写真㉞
尾根が細まって来た。

画像
写真㉟
尾根の先端に来た。うわー、切れ落ちている。でも良く見ると踏み跡っぽい跡があるぞ。降りられるかも知れない。

画像
写真㊱
ふう、先日歩いた下棚沢枝沢降りて来ました。でも、あれれ?

画像
写真㊱-1
しまった。この滝の下に降りてしまった。さっきの尾根の先端でこの滝のことをすっかり忘れてしまっていた。しょうがない、いやらしい右からの巻で超えて行こう。

画像
写真㊲
ほんとうはここに降りて来たかったのです。左(右岸)の斜面を上がって下棚沢枝沢の界尾根に上がって行く。

画像
写真㊳
界尾根に上がってまだ歩いていない左俣を覗き込む。結構深いな。でも良く見ると何とか降りられそう。

画像
写真㊴
左俣に降りて来ました。予定はここの左(右岸)斜面を上がって行きたかったが、見た範囲では上がれるようなところが無い。でもこの左俣もとてもいい感じじゃん。ちょうど良いのでこの左俣を上がって行くことにしよう。

画像
写真㊴-1
おお、いい感じ。

画像
写真㊴-2
この小滝、湿っているがヌメリは無い。簡単に越えて行く。

画像
写真㊵
もうおなかいっぱい。あそこから上がって行こう。

画像
写真㊶
ここを上がって径路(旧登山道)に乗ればもう着いたも同然だ。

9時頃に一瞬日差しが差し込んでいたが、天候が回復して来たのは帰りの径路(旧登山道)の乗ってから。山の天気はわかりづらいですね。
今日も目標は達成。さらに予定にない下棚沢枝沢の左俣が少し歩けたのはラッキーだった。次はどこに行こうかな。
0

この記事へのコメント