2018年8月11日  モロクボ沢~越場ノ沢~善六山(コラボ)

画像久しぶりにM君とのコラボが成立し、モロクボ沢のショートハイクに行って来ました。

画像
写真①
林道歩きが嫌いのM君。大して長いアプローチではないにもかかわらず「沢はまだなの?」を繰り返す。

画像
写真②
楽しそう。

画像
写真③
大滝に到着。やはり水量多いな。

画像
写真③-1
迫力ありすぎでこれ以上は滝に近づけない。滝壺にも入らず。

画像
写真③-2
巻きルートを上がって行くがここから上はやはり無理。

画像
写真③-3
なのでロープで引っ張り上げる。随分重たくなったんだなあ。

画像
写真④
落ち口へと出て行く。

画像
写真④-1
すぐ上の滝は右から水の中を行けそうなのだが却下となり左の岩から上がって行く。

画像
写真④-2
水流の中に入れと下から指示。

画像
写真④-3
やれば出来る。

画像
写真④-4
達成感に浸る?

画像
写真⑤
次の滝壺も水に入らず定番の巻きルートで越えて行く。せっかくゴーグルとシュノーケルを用意して来たのにしょうがないなあ。自分も入らず、なのですが...

画像
写真⑤-1
さあ、次はどうする。

画像
写真⑥
滝壺はヘツリで巻き。が、一回水の中に落ちて(腰程度の深さ)しまったが、ヘツリへ戻る。

画像
写真⑥-1
次の滝壺のヘツリは容易。でもその先の堰堤前の滝の水量がすごい。

画像
写真⑦
滝は自分がリードしたが、手をついて上がって来たので全身ずぶ濡れ。ロープで確保されて2足歩行で上がって来たM君は余裕の表情。

画像
写真⑦-1
堰堤を上がればモロクボ沢のお楽しみも終了。

画像
写真⑧
帰りは越場ノ沢を上がって行くことにしました。

画像
写真⑨
水が流れている。

画像
写真⑩
ナメ。

画像
写真⑩-1
ナメ。

画像
写真⑪
ナメ。

画像
写真⑫
あれ?以前来た時にはここら辺は緑の苔に覆われてとても綺麗な感じだったのだが、苔がほとんど無くて雰囲気が悪くなっているぞ。先日、水晶沢に入った時も以前苔で覆われていたところが苔が無くて荒々しかったなあ。何が有ったのだろうか。

画像
写真⑫-1
この先は源頭部。

画像
写真⑬
ここは苔がわりと残っている感じだが。

画像
写真⑬-1
わあ、土砂が堆積していて汚らしいなあ。

画像
写真⑭
今回は左俣の初ルートで稜線へ上がってみることにした。

画像
写真⑮
おお、問題はなさそうだ。

画像
写真⑯
上がって来ました。

画像
写真⑰
善六山の展望地。

画像
写真⑱
初尾根を下降中。

画像
写真⑲
モロクボ沢に入ったところに降りて来ました。

画像
写真⑲-1
今日も無事でよかった。

画像
写真⑳
お昼前の帰着でした。

水に入るのが大好きのM君だが、さすがに今回は水量多く圧倒されたのか修行やドボンは無し。でもまた機会があれば楽しいところに連れて行ってあげたいと思うのです。

この記事へのコメント

TI-AEK25
2018年08月13日 21:38
おおM君、また一段と、いや二三段たくましくなってます。足腰も力強く、ストックさばきも見事です。
EA
2018年08月13日 22:48
M君をお褒めいただきありがとうございます。
仕込み甲斐があります。
知恵も上達して来て裏取引もあるのでお金もかかるんです。